2012年06月27日

所秀雄さんに学ぶ“原発の止め方、なくし方”〜確固たる信念と柔軟な行動力〜所秀雄さん生誕94周年記念学習会@岐阜

大阪では「カフェで読みとく社会の仕組みvol.2 投資ってなに?」開催します!
http://am-net.seesaa.net/article/271260344.html

前回感想はこちらから↓
http://am-net.seesaa.net/article/276352428.html

岐阜・大阪。どちらのイベントも見逃せません☆
ーーーーーーーー

今年も、所秀雄さん生誕94周年記念学習会を開催します。
毎年恒例で、今年で5回目を迎えます。
今年のテーマは、「所秀雄さんに学ぶ“原発の止め方、なくし方”」と題して、
所秀雄さんの信念と行動力から、脱原発に向けたアクションを考えて
いきたいと考えております。
映像、講演、ワークショップと一日盛りだくさんの内容となっています。
皆さまぜひ、ご参加ください!

なお、託児もあります。
事前に事務局までご一報いただき、お子様連れでご参加ください!

神田 浩史

============================================================
            所秀雄さん生誕94周年記念学習会
          所秀雄さんに学ぶ“原発の止め方、なくし方”
            〜確固たる信念と柔軟な行動力〜
============================================================
◆と き◆ 2012年6月30日(土)10:00〜17:30
◆ところ◆ 垂井町文化会館小ホール

 故所秀雄さんは、垂井町が敦賀原発、もんじゅなどの近接地であることを、常に気にかけていました。
「人間が制御できないものは使うべきじゃない。」「核のゴミを将来世代に付け届けてしまう。」と。
 福島第一原発の事故で、その心配は現実のものとなってしまいました。その結果を受けて、
全国の原発は一旦、止まることとなりましたが、科学的な根拠もなしに政府や電力会社は
再稼働に向けて動き出しています。垂井町の風上に位置する敦賀原発をはじめとする
福井県若狭地方の原発で、もし事故が起きた場合30分以内に垂井町に放射性物質が
降り注ぐことになります。
 所さんの残された警鐘をもとに、その足跡から学び、私たちの取り得る行動について
考えていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください!

◆プログラム◆
10:00       開場
10:30〜11:45 第一部/原発関連の映像を見る
11:45〜12:45 休憩
13:00〜13:15 第二部/所秀雄さんに学ぶ“原発の止め方、なくし方”
            開会のあいさつ(所源亮 一橋大学イノベーション研究センター 特任教授)
            講師及び進行の説明(神田浩史 NPO法人泉京・垂井 理事)
13:15〜13:45 所秀雄さんの足跡
13:45〜14:15 講演1/内部被ばく、被災地がれき処理をどう考えるか
                松井 英介さん(医師)
14:15〜14:40 講演2/脱原発に向けて、数々の市民のアクション
                石井 伸弘さん(電気をカエル計画)
14:40〜14:55     相原 太郎さん(未来につなげる・東海ネット)
14:55〜15:10 休憩
15:10〜16:10 ワークショップ 小グループに分かれての行動案検討
16:10〜17:00 全体討論 具体的な行動計画の策定
17:00〜17:10 まとめにかえて
17:10〜17:20 閉会のあいさつ(所 やなぎさん)
18:00〜20:00 第三部/交流会

◆主催◆ 所秀雄さん生誕94周年記念学習会実行委員会

◆お申込み・お問い合わせ◆
NPO法人泉京・垂井 〒503-2121 岐阜県不破郡垂井町1791番地1
              TEL/FAX 0584-23-3010
              E-mail  info@sento-tarui.org

posted by AMnet at 00:12 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

【団体賛同しました】★大飯原発真下の破砕帯(断層)の検討・現地調査を求める緊急要望書に賛同を

以下要望書に団体賛同しました。↓

★大飯原発真下の破砕帯(断層)の検討・現地調査を求める緊急要望書に賛同を

大飯3・4号の真下を走る断層について、早急に詳細な検討と現地調査を行うよ
う求めよう。それまでは、大飯3・4号の運転を開始しないよう求めよう。
緊急要望書への賛同をお願いします(添付は図入りの緊急要望書です)。

団体、個人、国会議員、地方議員などからの賛同を広く募ります。
緊急要望書は6月25日に提出します。

下記から、賛同をお願いします。
★賛同締め切り 6月23日(土)22時
個人の賛同はこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/9f1bd22930772

団体の賛同はこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/d813ba8530769

政府は多くの反対の声を押し切って大飯3・4号の再稼働を決定しました。7月
1日も大飯3号を起動しようとしています。
しかし、大飯原発3・4号の直下を走る破砕帯(断層)は活断層の危険性が濃厚
だと専門家が警告を発しています。この断層が動けば、地表にズレを引き起こ
し、配管や重要な機器を破壊してしまいます。
このような危険性を放置して、運転再開など許せません。

・この断層については、これまで、国の調査では詳細な調査が行われていませ
ん。
・国の耐震バックチェックでは、この断層が動いた可能性を示す資料(トレンチ
北側の図)について検討されていません。
・保安院は6月10日の福井県原子力安全専門委員会で、この断層について、建
設前のトレンチ図の拡大版と写真を入手すると表明しています。これら資料も早
急に公開すべきです。

大飯3・4号の運転再開前に、早急に、この断層について検討と現地調査を行う
よう求めましょう。

この断層が活断層であるかどうかを調べる現地での調査は、1〜2日もあれば実
施できます。

◆詳細な検討と現地調査を求める緊急要望書に賛同をお願いします。
要望書の提出先:
経済産業大臣、原子力安全・保安院長、「地震・津波に関する意見聴取会(活断
層)」各委員


呼びかけ団体:9団体

原発設置反対小浜市民の会
プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会
サヨナラ原発福井ネットワーク
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
国際環境NGO FoE Japan
グリーンピース・ジャパン
福島原発事故緊急会議
posted by AMnet at 10:06 | TrackBack(0) | 署名・賛同文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7/8開催@広島】TPP問題の到達と参加阻止の課題−理論と運動の視点から− 代表理事松平が講演します☆

TPP問題の到達と参加阻止の課題−理論と運動の視点から−.
日本農業市場学会2012年度大会 市民公開シンポジウム

2012年7月8日(日)14:45〜17:15
場所:広島大学東広島キャンパス生物生産学部C棟2階206

詳細はこちらでどうぞ↓
http://www.amsj.jp/Welcome_files/symposium0708.pdf

○座長:磯田宏(九州大学)・佐藤加寿子(秋田県立大学)

第1報告:「TPP『論争』の到達点と交渉の現局面」(仮題)
         東山 寛(北海道大学)

第2報告:「TPPから未来を創造していくことー市民社会の挑戦ー」
         松平尚也(NPO法人AM ネット代表理事、アジア農民交流センター世話人)

第3報告:「国民皆保険制度崩壊への道ー医療におけるTPPの問題点ー」長谷憲

問い合わせ先
広島大学大学院生物圏科学研究科 矢野
yanoizm@hiroshima-ュu.ac.jp;
posted by AMnet at 10:03 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

【報告】AMネット学習会『カフェで読み解く社会のしくみ』 Vol.1 市場ってなに?

市場ってなに?

5月25日(金)、新大阪のカフェで、こんな漠然としたテーマから始まった第1回。
まずは、「市場」の持っているイメージを出し合って、金融市場が肥大してきた歴史や現状を考えてみました。

FXって? CDSって? 円キャリートレードって?
実体経済と金融経済との乖離の実体は?
私たちのお金はどう流れているの?

なんか難しそう〜〜 と思いながらも、いろいろ調べていくうちに、

実体経済は金融経済の1〜4%くらいしかないこと、
私たちのお金の多くが国債に充てられ、行きすぎたグローバリゼーションの波に乗って米国の住宅バブルやリーマンショックに大きく影響したこと、などなど、
話題を提供する側も、勉強になった回でした。

知らないところで、私たちは大きなシステムの中に組み込まれているんですね。

CDSの説明のためのロールプレイでは、
そういうことなんだ〜!そんなことがありえるんだexclamationって驚きの声が上がり、
みなさんに分かってもらえたことを実感!! 良かった〜〜

そしてTPPとの関連は?
規制緩和と市場との関連は?

規制緩和によって、CDS価格が高騰し、結局はバブルを招くexclamation
すこーしわかってきたような?!

こういう現状を踏まえて、
私たちに何ができるのか、を考えました。

「市場」は、結局私たちが作っているんですよね。

私たちの声が、意思が、市場の価値観をかたち作っていく、
そのことを意識して、
社会的利益に貢献する企業が発展する市場を作っていきたい!と思います。

親睦会もほぼ全員にご参加頂き、ざっくばらんにいろんな意見を交わしながら、
とても充実した議論をすることができました。
「知ってそうで知らなかったこと、気になりつつ勉強できてなかったことを
勉強できた会だと思います〜」という、うれしい感想もるんるん

本当の世の中の仕組みを知るために、
そして行動していくために、

まだまだ、学習会が続いていきますよ〜
次回は、6/30「投資ってなに?」です。
http://am-net.seesaa.net/article/269360549.html
乞うご期待!

-- 第1回 話題提供:石中英司・窪田雅也・渡里祐子
(文責:渡里)
posted by AMnet at 12:48 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

【6/18東京・有楽町】STOP TPP!!  市民と国会議員の街頭リレートーク

G20でのTPP参加表明にSTOP!!
6.18 STOP TPP!!
市民と国会議員の街頭リレートーク@有楽町イトシア前


 野田首相は、日本経団連総会でTPP(環太平洋戦略的連携協定)への正式参加表明を6月中に行うことを明言し、これに応えるかのように日本経団連は6月18日-19日にメキシコで開催されるG20にて「TPPへの参加表明」をするよう提言しています。

 しかし政府は、TPP参加した後に懸念される様々な点について、説得力のある根拠を示し得ていません。TPP交渉に入れば、その内容は秘密にされることもすでに明らかになっており、これでは、交渉参加の判断をする入口においても、また交渉そのものについても、主権者も、その代表たる国会議員も知り得ないまま交渉が進むことになります。

 市民の声や多くの業界団体、組織からの声を無視し、国際会議の日程に合わせてTPP参加が決められてしまうのであれば、それは主権者への裏切りであり、民主主義の危機です。

 TPPに反対する人々の運動が実行委員になっている「STOP TPP!!市民アクション」は、「排外主義でないTPP反対」を一致点とする市民団体・消費者団体、労働組合、NGO・NPOのネットワークとして、6月中「STOP TPP!!6月緊急アクション」を実施しています。その一環として、まさにG20直前の6月18日、TPPへの正式な参加表明を阻止するため、下記のとおり街頭アピールを開催します。当日は各党から国会議員も招き、アピールしていただく他、「STOP TPP!!市民アクション」参加団体等のアピールも予定。消費税増税・原発再稼働とともに、TPPも重大な局面にあります。多くの方からのご参加をお待ちしています!

■日時:2012年6月18日(月)18:00〜19:00(予定)
■場所:東京・有楽町「イトシア」前
    http://www.itocia.jp/access/index.html
■内容(予定):国会議員によるアピール
        「STOP TPP!! 市民アクション」参加団体のアピール

●主催:STOP TPP!! 市民アクション●
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル3F
アジア太平洋資料センター(PARC) 気付
TEL:03-5209-3455
FAX:03-5209-3453
E-mail:muramachitpp@gmail.com
http://stoptppaction.blogspot.jp/
Twitter: @StopTPPaction

★STOP TPP!! TV も放送中! http://stoptpptv.blogspot.jp
posted by AMnet at 11:00 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

TPP交渉の投資のテキストがリークされ、反対派の危惧していた通りの多国籍企業が有利になる条文と判明しました。


TPP交渉の中でも最も危険とされる一つ、投資のテキストがリークされています。

リークしたのは、AMネットもお付き合いのあるローリー・ワラックさん所属する米国のNGO 「Public Citizen」ぴかぴか(新しい)


投資のテキストを読んだところで、私たち市民としては
「それが何を意味するのか?」
が、なかなか分からないところでもあります。

リークしたアメリカだけでなくロシアや中国でも報道されている模様ですが、
日本では報じられていないようです。

「TPPで国家の主権が脅かされる」
と言われてきたのはこの投資・ISDSと言われる紛争システムの問題からですが、

投資家の権利が最高位にあるような条文、つまり国内法を超えた内容となっていて、
これまで反対派が主張してきた内容だったということです。


(投資企業が投資先の条例等で不利益を被った場合、
TPPのISD条項を使って提訴し、投資先の政府を訴えることができる。
それを恐れる政府や自治体は、各自治体の条例制定が作りづらくなる。
地域自治や環境に対する条例等、住民主体で自治体が条例を策定することが困難となり、
投資家への配慮を優先せざるを得ず、結果、国家の主権が脅かされる)


廣宮孝信氏のブログで、概略を翻訳されています。
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-493.html

リ−ク文書に関するパブリックシチズンのロリワラックさんのインタビュー動画がアップされています。
長時間のインタビューです。

・Added a video interview w/ Lori Wallach to story on leaked Obama trade doc: huff.to/MtKdCF #TPP
http://www.huffingtonpost.com/2012/06/13/obama-trade-document-leak_n_1592593.html

・DEMOCRACY NOW
Breaking ’08 Pledge, Leaked Trade Doc Shows Obama Wants to Help Corporations Avoid Regulations
http://www.democracynow.org/2012/6/14/breaking_08_pledge_leaked_trade_doc

…これとは別に、日本でもこんな報道がありました。

米大統領選後に先送りも=TPP交渉参加に危機感−山口外務副大臣
http://jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012061401000

 山口壮外務副大臣は14日の衆院農林水産委員会で、米国と協議している環太平洋連携協定(TPP)交渉への日本の参加問題に関し、「結局、大統領選が終わるまで進まないのではないかと危機感を持っている」と述べ、米政府が日本の交渉参加を認めるとしても11月の米大統領選後になる可能性に言及した。
 その理由として、米自動車業界が日本の交渉参加に強く反対している点を挙げた。大統領選を控え、「アメリカは自動車業界にものすごくセンシティブ(神経質)になっている」と語った。(2012/06/14-22:07)
――――ここまで

一年前だと止まると思えなかったTPP。
もしかするともう一息かもしれません手(グー)



…まぁ一難去ってもまた一難も二難もありそうな気配ではありますがあせあせ(飛び散る汗)


あきらめないことが大事だと再確認です目

(武田)
posted by AMnet at 15:00 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

【6/21東京】ジェーン・ケルシーさん来日記念講演&シンポジウム「地域で、世界で、STOP TPP!!」

AMネットも賛同団体に名を連ねている「STOP TPP!! 市民アクション」主催のシンポジウムです。
お近くの方は是非ご参加を〜☆

120621-TPPtokyo.png

      ■■■
      ■ ジェーン・ケルシーさん来日記念 講演&シンポジウム
        地域で、世界で、STOP TPP!!         ■
        http://stoptppaction.blogspot.jp/        ■■■

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に関して、国内では与野党内で
も、市民の間でも賛否それぞれの意見があります。農業・漁業、医療、食の安全、
医薬品、地域経済など、私たちの暮らしの隅々にまで影響を及ぼすTPP。なによ
りも、交渉過程や日本政府の対応について説明や議論が不十分であるため、一般
市民は「TPPって何?」「判断できない」という状態です。野田首相が2011年11
月のAPECにて発言した「国民的議論の末に参加を決定する」という段階には到底
ありません。
そんな中、6月18〜19日に行なわれるG20が新たな「参加表明Xデー」ではな
いかとささやかれています。市民社会からの多様な声を無視し、じゅうぶんな議
論もないままに、国際会議の日程に沿ってTPP参加が決められてしまうのであ
れば、それは主権者への裏切りであり、民主主義の危機に他なりません。
私たち「STOP TPP!! 市民アクション」は、「STOP TPP!! 6月緊急アクション」
の一環として、『異常な契約―TPPの仮面を剥ぐ』等の著者として日本でも知ら
れるニュージーランドのジェーン・ケルシーさんを招き講演会とシンポジウムを
開催します。
「TPPって何?」「私たちの暮らしはどう変わるの?」と思っている方はもちろ
ん、「自分も活動に参加しアクションしてみたい」という方もぜひご参加くださ
い!

■日時:2012年6月21日(木)18:30〜21:00(開場18:10)

■会場:日比谷図書文化館 B1F 大ホール
    千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
    http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

■プログラム(予定)
【第1部】講演
「TPP交渉の現在と各国の思惑を読み解く」
●ジェーン・ケルシーさん(ニュージーランド・オークランド大教授)

「米国の対アジア世界戦略とは?」
●田代洋一さん(大妻女子大学教授)

【第2部】パネルディスカッション
「地域で、世界で、STOP TPP!!をどう進めるか」

●ジェーン・ケルシーさん(ニュージーランド・オークランド大教授)
●田代洋一さん(大妻女子大学教授)
●石川 徹さん(医師・健康文化会理事長/東京民医連会長/全日本民医連副会長)
●小田川義和さん(全労連 事務局長)
●纐纈美千世さん(日本消費者連盟事務局・遺伝子組み換え問題担当)
●野崎和夫さん(「TPPから食と暮らし・いのちを守るネットワーク宮城」/
宮城県生協連合会専務)


■資料代:800円(逐次通訳あり) ※予約優先(定員200名)

■主催:STOP TPP!! 市民アクション

■お問合せ・お申込み
STOP TPP!! 市民アクション
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル3F
アジア太平洋資料センター(PARC) 気付
TEL:03-5209-3455/FAX:03-5209-3453
E-mail:muramachitpp@gmail.com
HP:http://stoptppaction.blogspot.jp/
twitter: @StopTPPaction

★STOP TPP!! TV も放送中! http://stoptpptv.blogspot.jp/

●主催:STOP TPP!! 市民アクションとは?
2012年4月、「排外主義でないTPP反対」を共有する市民団体、生協、労働組合、
NGO/NPO等からなる、かつてない広がりをもったネットワーク(6月時点で約40団
体)。4月25日の「STOPTPP!! 1万人キャンドル集会」を国民会議等との団体と共
催。2012年6月には「STOP TPP!! 6月緊急アクション」を展開中。賛同団体・参
加団体を随時募集しています。

★実行委員会団体・賛同団体一覧★
(50音順、6月6日現在37団体)
アジア太平洋資料センター(PARC)
アジア農民交流センター(AFEC)
ATTAC Japan(首都圏)
APLA(Alternative People’s Linkage in Asia) / あぷら
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
エコ・コミュニケーションセンター(ECOM)
置賜百姓交流会
沖縄意見広告運動
国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会(全国食健連)
協同センター・労働情報
コモンズ政策研究機構
首都圏青年ユニオン
主婦連合会
新日本婦人の会
StopTPP
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ連合会)
生活クラブ共済事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ共済連)
全国労働組合総連合(全労連)
全日本建設運輸連帯労働組合(連帯ユニオン)
全日本農民組合連合会(全日農)
全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)
大地を守る会
脱WTO/FTA草の根キャンペーン
地球的課題の実験村
TPPって何?
TPPに反対する人々の運動
東都生活協同組合(東都生協)
日本医療労働組合連合会(医労連)
日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本消費者連盟(日消連)
農民運動全国連合会(農民連)
パルシステム生活協同組合連合会
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
フォーラム平和・人権・環境
Project99%
北海道農民連盟(道農連)
NPO法人AMネット
食の安全・監視市民委員会
連帯ユニオン関西地区生コン支部

【賛同団体】(五十音順、6月1日現在2団体)
にいがた有機農業推進ネットワーク
上越有機農業研究会

posted by AMnet at 14:35 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

【6/15京都】AMネット代表理事の松平尚也が講演します→「TPPのそこが気になる!」日本と世界の食料問題編(主催:コープ自然派京都)

AMネット代表理事の松平尚也が講演いたします。
先日開催したTPP意見交換会の賛同団体であるコープ自然派京都が主催です☆

是非ご参加ください!

=== ★★★ === ★★★ === ★★★ === ★★★ === 

         コープ自然派京都 ☆ TPP実行委員会

    第2弾「TPPのそこが気になる!」日本と世界の食料問題編

      日時:2012年6月15日(金)講演会10:00-12:00
                   昼食&質問タイム12:00-14:00
      場所:京田辺CIKビル(商工会館)303会議室
         (京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3)

     http://am-net.seesaa.net/article/273107726.html

=== ★★★ === ★★★ === ★★★ === ★★★ === 

続きを読む
posted by AMnet at 14:26 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜」@大阪のアーカイブをまとめました

「市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜」@大阪のアーカイブ(映像&実況Twitter)をまとめました。

・IWJさんhttp://iwj.co.jp/ のUstreamアドレスはこちらです(1週間限定公開なので、お早めに!)

 http://www.ustream.tv/recorded/23182548
 http://www.ustream.tv/recorded/23183331
 http://www.ustream.tv/recorded/23184079

 一週間経過後は、以下のアドレスにダイジェスト版が掲載されるはず…とのことですexclamation
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/19247


・AMネットで撮影したものはこちらです。

市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜(その1:180分)
http://www.ustream.tv/recorded/23182551



市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜(その2:11分)
http://www.ustream.tv/recorded/23184821




第一部:
経済:田淵先生→食と農:池上先生→医療:高山先生→政府側:石井審議官→池上先生より政府に質問

休憩:15分
第二部: 会場からの質問に対する政府側の答弁

となっております。

また、後日逐次録を作成いたしますが、「早く見たいけど3時間はちょっと」という方。

・実況中継したまとめはこちらです。(AMネット発言を中心としています)
リツイート&お気に入り、よろしくお願いします☆ (現時点で839viewグッド(上向き矢印)
 http://togetter.com/li/318899


・IWJさんがまとめていただいたのはこちらです。
http://togetter.com/li/317912

ご興味ある方は是非ご覧くださいぴかぴか(新しい)

posted by AMnet at 12:36 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

【記事紹介】TPP意見交換会(6/9実施)が日本農業新聞に紹介されました→「TPP情報開示十分に懸念の声相次ぐ大阪市で意見交換会」

日本農業新聞に6月9日(土)に開催した「市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう」の記事が掲載されましたので、紹介いたします。

120610-TPPosaka.png


TPP 情報開示十分に 懸念の声相次ぐ 大阪市で意見交換会 ​ (2012年06月10日)
http://www.agrinews.co.jp/​modules/pico/​index.php?content_id=14739


 環太平洋連携協定(TPP)問題をめぐって有識者や政府関係者​から話を聞く意見交換会が9日、大阪市で開かれた。雇用問題を含​めた経済や食と農、医療分野に対する影響に懸念が相次いだ他、十​分に情報開示しないまま、交渉参加に前のめりな政府の姿勢にくぎ​を刺した。
 意見交換会は100を超える市民団体が呼び掛け、5月の東京に​続いて開いた。150人が出席した。

 TPPの課題について同志社大学商学部の田淵太一教授は、交渉​内容の多くが秘匿されている点を指摘。「米国の投資家に国の主権​が脅かされる」と、投資家・国家訴訟(ISD)条項への危機感も​示した。

 近畿大学農学部の池上甲一教授は、遺伝子組み換え食品や食品添​加物に対する表示など、食の安全確保に向けた日本の取り組みにT​PPの影響が及ぶ可能性を挙げた。京都橘大学現代ビジネス学部の​高山一夫准教授は医療分野で公的医療保険制度が空洞化する懸念を​示した。

 この他、参加者からは、食料自給率や食の安全性に関する質問が​あった。これに対し、内閣官房は明確な回答を示さなかった。

posted by AMnet at 12:13 | TrackBack(0) | 新聞・雑誌記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

テレビ朝日(ABC)で紹介されました→政府と市民の意見交換会〜TPPを考えよう〜 @大阪

昨日開催した「政府と市民の意見交換会〜TPPを考えよう〜 」
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/p/tpp.html

さまざまな意見が出ましたが、
やはり長丁場の3時間…でも全然時間が足りずたらーっ(汗)

まだまだ聞き足りないことがたくさん積み残した会でもありました。

Ustreamや逐次録を後日公開予定ですが、その前に。

テレビ朝日のニュースおよびウェブサイトでご紹介いただきました。

120609-TPPabcNEWS.png


↓↓↓

<大阪>「TPPを考えよう」 意見交換会(2012/6/9 18:07)
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_004_20120609008.html

TPP・環太平洋戦略的経済連携協定について、市民と政府の意見交換会が大阪で開かれました。

この意見交換会は農業や医療、金融などの分野で関税が撤廃されるTPPへの参加交渉について、政府から十分な情報がないとして市民団体などが開いたものです。参加した農林水産省や経済産業省の関係者らは、日本の貿易の実態やTPPの現状について説明、参加交渉について理解を求めました。一方で、多くの有識者からは、「農業従事者の減少や医薬品の高騰による患者負担の増加などが予想され、交渉参加への賛成はできない」といった意見が相次ぎました。会場では、「TPPに参加するメリットがわからない」といった市民の意見も紹介されていました。

↑↑↑
posted by AMnet at 11:51 | TrackBack(0) | 新聞・雑誌記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜@大阪、Ustream配信チャンネル決定☆


市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜@大阪
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/p/blog-page_05.html

いよいよ本日開催ですぴかぴか(新しい)


またUstream配信は岩上安身さん率いるIWJにお願いできることとなりました黒ハート

大阪チャンネル1で14:00〜17:00配信予定です。
【大阪Ch1】
http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

120609-IWJ.png

遠方で来られない方はこちらから視聴ください晴れ

近い方は是非、足を運んでくださいね手(パー)

皆様のお越しをお待ちしておりまするんるん

(武田)
posted by AMnet at 08:42 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

【紹介記事掲載】6月9日開催TPP意見交換会@大阪が日本農業新聞で紹介されました☆

明日に迫ったTPP意見交換会。

日本農業新聞近畿北陸版に紹介記事を掲載いただきました☆

tppg.jpg

準備も大詰め☆

みなさまのお越しをお待ちしていますグッド(上向き矢印)

(武田)
posted by AMnet at 10:47 | TrackBack(0) | 新聞・雑誌記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

【6/9大阪】TPP意見交換会:政府側登壇者確定しました☆


6月9日(土)午後1時から大阪国際交流センターで開催する
市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜 @大阪
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/p/blog-page_05.html
の政府側の登壇者確定しましたぴかぴか(新しい)


内閣官房 内閣審議官 石井 喜三郎
内閣官房 副長官補室 参事官 松尾 剛彦
外務省 経済局南東アジア経済連携協定交渉室 室長 別所 健一
経済産業省 通商政策局 経済連携課 経済連携交渉官 平泉 洋
農林水産省 大臣官房 国際部国際経済課(WTO等交渉チーム) 国際交渉官 吉田 竹志
厚生労働省 大臣官房 国際課 課長補佐 川端 輝彦

政府の方を迎えてどんなお話ができるのか、今から楽しみです。
ぜひご参加ください。

(武田)
posted by AMnet at 17:00 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

【記事掲載紹介】小話往来「市民の風圧、首相も感じて」@日本農業新聞 TPP意見交換会@東京の紹介記事です!


日本農業新聞さんのTPP報道ページ。
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?cat_id=36
(無料会員登録で読むことができます)

この新聞に掲載される記事のテキストをいただいていたのですが、
WEB掲載のリンクも一緒にアップしたいと待っておりました。
が、どうやらWEB掲載はされてない模様ダッシュ(走り出すさま)

ですので、こちらで紹介させていただきますexclamation


●小話往来「市民の風圧、首相も感じて」2012年5月28日
○農政経済部・藤井庸義

 22日に東京都内で開かれた環太平洋連携協定(TPP)に関する市民と政府の意見交換会には、政府の政務三役として内閣府の大串博志政務官がただ一人参加した。

 意見交換会のプログラムは3部構成で、大串政務官が登場したのは最後の会場参加者や有識者との対話。会場からは政府の情報開示不足などを厳しく詰問する意見が相次ぎ、たじたじになる場面もあったが、大串政務官個人を責める声は特になかった。他の政務三役が参加を見送った中、大串政務官だけが出席を快く引き受けたことを知っていたからだ。

 市民団体は6月9日に大阪で2回目の意見交換会を行う予定で、名古屋での開催も検討し始めた。東京での激しい論戦を伝え聞いた民主党のある国会議員は「野田佳彦首相も次回以降参加し、TPPに大きな懸念や不安を抱く大勢の市民の風圧を肌で感じてもらいたいものだ」とぽつり。


…ここまで

そうなんです。

大串政務官はやはり政務官なので、意見交換会のお答が一般的過ぎて
答えになってないケースも見受けられましたが、

TPP協議の情報公開と市民参加の申入れの時に、お忙しい中時間をとってくださり、
市民主催の意見交換会の実現に動いていただいたのが大串政務官なのです。
http://am-net.seesaa.net/article/256607873.html


政府側の関係する説明会等で、私たち市民が参加できたのは
共同通信社等主催の地域シンポジウムのみでした。

ですが、賛成派も反対派も官僚の方も、それぞれが主張・説明し
会場から質問を受け付けただけ。
答えになっていない答えも多く、見受けられました。

それでは議論が深まるわけがありません。

いよいよ今週末にせまった大阪での意見交換会。
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/p/blog-page_05.html

まずは参加してみてください。
賛成の方も反対の方も。

もちろん、今回の意見交換会、東京・大阪の2回だけで、野田総理の言う「国民的議論」に当たるとは思えません。

今後も継続して、市民参加できるよう見続けていく必要があると感じています。
みなさまご支援ご協力、どうぞよろしくお願いします!

(武田)

posted by AMnet at 11:00 | TrackBack(0) | 新聞・雑誌記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

【6/7東京】第6回世界水フォーラム/オルタナティブ水フォーラム2012報告会にて、AMネット理事の堀内葵が報告します

◆ === ◆ === ◆ === ◆ === ◆ === ◆

 第6回世界水フォーラム/オルタナティブ水フォーラム2012
          報告会のご案内

        2012年6月7日(木)18:30-20:30
          文京区民センター 2A
   http://am-net.seesaa.net/article/273590973.html

◆ === ◆ === ◆ === ◆ === ◆ === ◆


3月22日の国連水の日にあわせて、3年おきに世界水フォーラムが開催されます。
水メジャーの本拠地であるフランス・マルセイユで行われた第6回世界水フォーラムは、
世界の水支配をめざす「企業の見本市」と言われています。

そのような企業の水支配を批判し、「水は人権」を掲げる市民・NGO・労働組合等は、
対抗するオルタナティブ水フォーラム(FAME2012)を開催しました。

このたび、6月の水道週間にあわせて、
第6回世界水フォーラムとオルタナティブ水フォーラムに参加した
仲間からの報告会を行うことになりました。

世界の水情勢と公共性、水と人権の関係について、考えてみませんか。
ご来場お待ちしております。

        記

日時:2012年6月7日(木)18:30〜20:30

場所:文京区民センター 2A(文京区本郷4-15-14)

アクセス:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口徒歩2分
     東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分

参加費:無料

プログラム:「世界水フォーラムとは」
         中川崇さん(東京水道労働組合)
      「オルタナティブ水フォーラムとNGOの動き」
         堀内葵さん(NPO法人AMネット理事)
      「マルセイユ現地活動報告」
         国谷武志さん(東京水道労働組合)
      「水問題の今までとこれから」
         諸隈信行さん(東京水道労働組合)
      「未来世代を担う青年・女性としての提起」
         湯村一美さん(東京水道労働組合青年女性部)
        ほか

主催:世界水フォーラム報告会実行委員会

お問い合わせ:tokyo_water@yahoo.co.jp (担当:国谷)
posted by AMnet at 18:00 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

NPO法人とんだばやし国際交流協会の会報誌にTPP意見交換会の案内が掲載されました

特定非営利活動法人「とんだばやし国際交流協会」の会報「とんばの風」に、
6月9日(土)開催の「市民と政府の意見交換会〜TPPを考えよう〜@大阪」の案内が掲載されました。

Tonba-no-Kaze2012June.jpg

いよいよ今週開催です。
申込不要で当日でも参加できますのでぜひご参加ください。

詳しい案内はこちらからどうぞ。
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/p/blog-page_05.html

posted by AMnet at 12:00 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

【6/15京都】コープ自然派京都☆TPP実行委員会第2弾「TPPのそこが気になる!」日本と世界の食料問題編にて、AMネット代表理事の松平尚也が講演します

=== ★★★ === ★★★ === ★★★ === ★★★ === 

         コープ自然派京都 ☆ TPP実行委員会

    第2弾「TPPのそこが気になる!」日本と世界の食料問題編

      日時:2012年6月15日(金)講演会 10:00-12:00
                   昼食&質問タイム 12:00-14:00
      場所:京田辺CIKビル(商工会館)303会議室
         (京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3)

     http://am-net.seesaa.net/article/273107726.html

=== ★★★ === ★★★ === ★★★ === ★★★ === 

食糧問題というと何だか難しそうですが、
いつも私たちが食べているゴハンそのもののことなんです。

例えば、TPPに参加して完全自由化になると、国内コメ生産はほぼ壊滅。
国産小麦やバターなど乳製品もほぼ壊滅。お肉も75%が外国産に置き換わります。

世界で食糧不足の不安が高まっている中、
海外に食料のほとんどを依存するようになって大丈夫なのでしょうか?

みなさんの関心の高い「食の安全」について、
前回「わかりやすい!」と好評だったAMネット代表理事の松平さんに
気になる食糧事情のお話をしていただきます。

いつまでも安心して日本のお米を食べ続ける為にも、
みなさん一緒に考えてみませんか?

「日本の未来を守るために、私たちにできることってなんだろう」

■講師プロフィール:
 松平尚也さん(NPO法人AMネット代表理事・アジア農民交流センター世話人)
 現在、日本の農村に残る生活技術の知恵を受け継ぎ、
 世界の食糧自給に資するような作物体系を勉強中!京北在住。

■日時:2012年6月15日(金)講演会 10:00-12:00
              昼食&質問タイム 12:00-14:00
 ※時間のある方は講演会後に昼食をいただきながら質問など、
 ざっくばらんに松平さんにお話を伺いましょう。
 各自昼食をお持ちください。

■会場:京田辺CIKビル(商工会館)303会議室
    (京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3)
■アクセス:JR京田辺駅より徒歩2分

■参加費:300円
■定員:25名
■お申し込み先:コープ自然派組合員サービスセンター
        0120-408-300(IP電話、携帯からは088-603-0080)
■受付:8:30-20:00
■申込締切:6月8日(金)17:00

■保育:1歳6ヶ月〜未就学児500円(10:00-12:00のみ)
■保育定員:10名
■保育締切:6月7日(木)17:00
■保育持ち物:お茶やおむつなど、持ち物に名前を書いて下さい。食べ物は持ち込めません。


120615-TPP.png
posted by AMnet at 09:00 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする