2013年12月18日

1/24(金)開催!「世界で一番ビジネスのしやすい国」ってどんな国?〜私たちのくらしを変える“特区”〜@新大阪

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

 「世界で一番ビジネスのしやすい国」ってどんな国?
    〜私たちのくらしを変える“特区”〜

■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■


アベノミクス成長戦略の柱と言われている「国家戦略特区」。
この特区では、雇用や医療、教育をはじめ、様々な規制緩和や制度改革が行われる予定です。

法人税減税で海外企業の誘致を目指す東京都、企業の農業参入を進める愛知県、
ここ大阪でも、公的機関の民営化をはじめ、大胆な規制緩和や税制措置が提案されています。

特区で目指す“世界で一番ビジネスのしやすい国”。
でもそれって、いったいどんな国なのでしょうか?  
それは、世界で一番暮らしやすい国? それとも世界で一番平和で公平な国? 
それとも……??

特区でいったい何が変わるのか、私たちのくらしにどんな影響があるのか。
知っている人も知らない人も、いっしょに考え、語り合いませんか?


◆日 時 2014年1月24日(金) 19:00〜21:00
◆会 場 市民交流センターひがしよどがわ306号(JR新大阪東口より徒歩5分)
http://www.skc-higashiyodogawa.jp/html/access.html
◆資料代 500円
◆リソースパーソン 神田浩史(AMネット理事)

◆主催・お申込み NPO法人AMネット 
〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/

※参加申し込みは不要ですが、小さめの会場のため、おおまかな人数把握のため
amnetosaka@yahoo.co.jp までメール連絡くださると助かります。


ここまで
posted by AMnet at 00:03 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

【IUT記事仮抄訳】日本の聖域5品目がTPP交渉の重大な障壁。4月交渉完了に向け交渉加速、今こそ最大の警戒と注力をなすべきとケルシー教授が指摘。

Inside U.S. Trade記事を九州大学の磯田先生が仮抄訳していただきましたので、許可を得て共有させていただきます。

またこの記事を受け、ジェーンケルシー教授とロリワラック氏は、
「繰り返すが,今こそが多大の警戒と注力をなすべき時だ。」
「彼らはオバマ大統領4月のアジア訪問前に交渉を終わらせたがっている。
シンガポール閣僚会合でいくつかの主要問題の大幅な譲歩がされ、新たな交渉終結期限までに達成することが可能になっている。私たちはこの年末年始休暇にすべての手段を尽くすことが必要となっている」
と、1月までの警戒を呼びかけています。

交渉の重要な障害となっていると下記記事にもある日本の「市場アクセス」。
これは、コメ・麦などの聖域5分野のこと。

「公約を守ってほしい」
「わたしたちのコメを守ってほしい」
「コメを海外から輸入したら、世界中の飢餓人口が増えてしまう」

いろんな論点がありますが、それぞれがそれぞれの視点で、働きかけていきましょう!


Inside U.S. Trade - 12/13/2013

TPP Ministers Drop Year-End Goal, But Linkages Come Into Focus
Posted: December 12, 2013

12月10日のシンガポール閣僚会議終了後共同声明において,閣僚達は来年に向けて交渉を推し進めること,そして日程と場所は特定しなかったが1月に再度閣僚会合を持つ計画であることを明確にした。情報筋によれば,1月閣僚会合はスイスのダボス世界経済フォーラム(1月22〜25日)に合わせて行なわれるかも知れないという。

共同声明によれば,シンガポール閣僚会合では,協定条文における主な未解決ルール問題のための,潜在的な譲歩内容を特定する作業が行なわれたという。それは(全参加国交渉によってではなく)一点の少数国グループ会合によって行なわれ,後に全12ヵ国に対して特定した潜在的「着地点」として報告されたのである。

しかし終了時会見でオーストラリア通商大臣ロブとニュージーランド通商大臣グローサーは,TPPルールに関するこれらの潜在的譲歩内容はあくまで可能的な選択肢にとどまり,そのどれに対しても彼らが同意したわけではないと明言した。

両通商大臣は同時にまた,彼らがこれら提案された譲歩内容に同意するかどうかは,他の参加国が両国からの輸出に対する追加的市場アクセスを提供することを約束できるかどうかにかかっているということをも,示唆した。

両国はアメリカと日本への農産物輸出市場アクセスを拡大することに,関心を抱いている。両国はまた,アメリカが知的財産権保護やその他ルールで要求している事項に合意することにも,これまでのところ躊躇してきている。

USTRフロマン代表は,市場アクセスについても議論されたが,4日間の少数国グループが主として未解決のルール諸問題に焦点を当ててきたことを明言した。「しかしこの4日間のほとんどをルールと条文について,高水準の協定を達成するために費やされた。」と。

これら3人のコメントは,オーストラリア,ニュージーランド,およびベトナムのような諸国が,自分達の国が(アメリカに対する)市場アクセスで強力な結果を確実なものに出来ない限り,アメリカのいくつかの要求に合意するのを躊躇しているという構図が交渉の中心的な困難になっているという,交渉観察者達の見方を裏付けるものだ。

多くの交渉観察者達が,今回最終合意も部分的合意すら出来なかった理由は,アメリカが自国の最もセンシティブな輸入品目,すなわち砂糖,乳製品,繊維・履物について何らオファーを出さなかったことだと行っている。後2者(繊維・履物)はベトナムにとっての優先事項である。

オーストラリアのロブ通商大臣は,ニュージーランドのグローサーよりもっと明確に,協定ルールと市場アクセスでの獲得とのリンケージについて述べている。つまりオーストラリアは,市場アクセスで強力な結果が得られればISDSメカニズムに合意する用意があるという立場である。

「協定全章において,我々は大半の部分で着地点を見出している。言い換えれば,後は最終決断すればというところまでの決断に近づいているのである。そして多くの場合,いくつかの事項は他の事項次第となっている。国内に多くの反対があるISDSについても,市場アクセスその他の条件次第で考慮する用意があるということだ。」

オーストラリアの市場アクセス要求圧力にも拘わらず,アメリカは砂糖などの新たなアクセス供与をする立場にないことを示してきたし,特に既にFTAを締結した諸国とはTPPで新たな市場アクセス交渉をしないと表明してきた。

しかし(「潜在的な着地点」を特定した)交渉報告官達との会見で,フロマン代表はアメリカが以前よりもオーストラリアとの市場アクセス交渉に対して柔軟になるかも知れないと示唆している。つまりオーストラリアと市場アクセスについて現在交渉しているのか,今後するつもりがあるのかと問われたのに対し,「全ての国の全ての関心に関して議論するプロセスでなければならず,我々はそのような交渉のまっただ中にいる。」と返答したのだ。

ロブ通商大臣は,市場アクセスは単にアメリカとの間で問題なのではなく,日本の農産物輸入関税引き下げを獲得すべく尽力していることを示唆している。「我々はこれらの諸問題について,この4日間に相当な前進を実現したが,なお作業は進行中である。」

多くの交渉観察者達が,アメリカが砂糖アクセスで動くことが特に重要だと見ており,それがTPP交渉全体を終結に導く他のドミノ倒しのスタートになる象徴的な意思表示になり得るとしている。

もしアメリカがオーストラリアに対して砂糖アクセス譲歩の提案をすれば,それは他の交渉国に対してアメリカが政治的レベルで交渉を終結させる意志があるというシグナルとなり,また他の全ての交渉国からも同等の譲歩を期待するという支部なるにもなるだとうというわけである。

しかしフロマン代表はアメリカが交渉前進の障害になっているという見方を強く拒否し,アメリカとしては日本がセンシティブ農産物の輸入自由化に対して強硬な態度でいることが交渉の重大な障害になっているということを示唆している。

ある観察者によれば,日本農産物市場への追加的市場アクセスを獲得することが,オーストラリア,ニュージーランド,およびカナダにとって主要な優先事項になっているから,日本は市場アクセスオファーを改善する必要があるとしている。ということは同様のことがアメリカについても言えるわけで,これらの諸国は日本が追加的市場アクセスを提供しない限り,アメリカが,そしてそれより多少弱いながら日本が押しつけようとしているルール上の要求に同意する意志はないのではないか,というわけである。

というわけで,アメリカと日本がともにそれぞれのセンシティブ品目についてオファーに動くことが鍵になっているというわけである。この観察者によれば,アメリカが最初に譲って,しかる後に日本が同様に譲るというわけには行かない,と述べている。

そのいっぽうで,米日両国は,知的財産権保護のようにアメリカが他の交渉諸国の反対に直面している多くのルール諸問題で協力している。ある日本の利害関係者は,日本政府はこれらのルール諸問題でアメリカに協力することで,アメリカの対日農産物市場アクセス要求を緩和しようと企図する戦略かも知れないと,予想している。



Inside U.S. Trade - 12/13/2013

TPP Ministers Drop Year-End Goal, But Linkages Come Into Focus
Posted: December 12, 2013

SINGAPORE -- Trade ministers from Trans-Pacific Partnership (TPP) countries this week announced that they cannot meet the goal set by their leaders of concluding the negotiations by the end of this year, but said they had made "substantial progress" in a four-day meeting here.

In a Dec. 10 joint statement at the conclusion of the meeeting, the ministers made clear that they would press ahead with the TPP talks next year and planned to meet again in January, without specifying the date or location.

But informed sources here said the meeting may be held in conjunction with the World Economic Forum, which is taking place Jan. 22-25 in Davos, Switzerland. U.S. Trade Representative Michael Froman participated in that event last year along with trade ministers from Australia and New Zealand.

The joint statement said ministers used the Singapore meeting to identify potential compromises for the majority of key outstanding rules issues in the text. They did so in a series of small group meetings, and later reported the potential "landing zones" they had identified to all 12 countries.

But at a concluding press conference here, Australian Trade Minister Andrew Robb and New Zealand Trade Minister Tim Groser made clear that these potential compromises on TPP rules are only possible options, and that ministers had not actually agreed on any of them.

Robb and Groser also strongly signaled that the willingness of their two countries to agree to these proposed compromises on the TPP rules will depend on whether other parties can commit to providing additional market access for exports from Australia and New Zealand.

Groser said that ministers have not agreed in "a final sense on anything," because that is not the way this negotiation is being handled. "What we're doing is we're reaching a common understanding about … the right space for us to reach an agreement," he said. "We'll draw these linkages together at the absolute end of this negotiation."

In the TPP negotiations, both Australia and New Zealand are interested in obtaining more access for their agricultural exports to the U.S. and Japan. Both countries have also thus far been reluctant to agree to U.S. demands on intellectual property protections and other rules.

Froman made clear during a briefing with the small group of reporters that the four-day meeting here focused largely on outstanding rules issues, though market access was also discussed. "We're having discussions with countries about market access, but … this last four days was really all about the rules and the text and to finding the high standards of the agreement."


The comments by Robb, Groser and Froman underscore what observers here say is a central challenge in the TPP negotiation -- that countries like Australia, New Zealand and Vietnam are reluctant to agree to some U.S. demands on rules until they can be assured of a strong outcome on market access.


Several observers said the likely reason why the talks here failed to yield a final deal or even a partial agreement is that the U.S. did not make offers on its most import-sensitive products, namely sugar, dairy, apparel and footwear. The latter two issues are priorities for Vietnam in the negotiations.

"The U.S. has to step over one of its red lines in order to get everybody else to realize that the U.S. is serious," Deborah Elms, a senior fellow of international political economy at Nanyang Technological University here, said in an interview. "If you want to start the end game, that's how it starts. The dominoes have to start to fall. And that did not happen here."

Elms also heads the Temasek Foundation Centre for Trade & Negotiations Education, which conducts a range of teaching and training for trade officials from around Asia.

At the press conference, Robb was more explicit than his counterpart from New Zealand about the linkage between the rules and market access gains. He echoed the position he laid out earlier this week in an interview with Inside U.S. Trade -- that Australia is willing to agree to an investor-state dispute settlement mechanism (ISDS) in TPP if it gets a strong outcome on market access (see related story).

"In all of these chapters we have in large part found landing zones. In other words, we are close to decisions without finalizing the decisions," he said. "And in many cases, some things are contingent on other things. As I said before, our preparedness to consider ISDS, which is opposed in many quarters in Australia … is conditional on the market access and some other conditions."

Though Australia is pressing the U.S. to provide new market access for Australian agricultural products, including sugar, the U.S. has previously indicated that it is not in a position to do so. Specifically, the U.S. has stated that it will not negotiate market access in the TPP context with countries with which it has free trade agreements that are not yet fully implemented, as is the case with Australia.

But at a later press briefing with reporters, Froman signaled that the U.S. may be more open now than before to negotiating market access with Australia. Asked whether the U.S. is currently negotiating market access with Australia or willing to do so, Froman replied: "The process is to have discussions with all countries about their interests, and we're very much in the midst of negotiations."


The U.S.-Australia FTA offered no special market access for sugar, though Australia has access to the U.S. market through a multilateral tariff-rate quota (TRQ) negotiated in the Uruguay Round. Australia is not currently filling that TRQ because the U.S. sugar price is not that much higher than the world market price, meaning it is more profitable to sell to other countries, according to an Australian agriculture source.

The world price is roughly 16.6 U.S. cents per pound, with the U.S. price hovering around 19.75 cents. That is not quite high enough to make it profitable for Australian exporters to sell to the U.S., where unlike in some other markets they must also pay for the cost of freight and insurance, this source said. Australian sugar producers need the U.S. price to be roughly 3 to 3.5 cents per pound higher in order to make it profitable to sell to the U.S market, this source said.

At the press conference, Robb emphasized that market access is "not just an issue with the United States," a possible reference to Australia's efforts to get Japan to lower tariffs on agriculture imports. "It is the response that we see collectively from all countries that are involved in this negotiation," he said. "We've made on these issues substantial progress over the last four days, but it's still a work in progress."

Several observers argued that U.S. willingness to move on sugar is particularly important, and could be a symbolic gesture that would start to make the other dominoes in the TPP negotiations fall. One observer argued that sugar is important because it is a highly visible issue in the negotiations and is one of the most politically sensitive sectors in the United States.

If the U.S. made an offer to Australia on sugar, it would signal to other countries that the U.S. is willing at the political level to get the deal done and that it expects the same from everyone else, another observer said.

But Froman, in the briefing for reporters, strongly rejected the notion that the U.S. is being the obstacle to progress in the TPP talks by not moving on market access.

"I don't think anybody would suggest that we're the obstacle to progress in this negotiation. We are making progress across the board," he said. "We are insisting that other countries also open their markets and provide meaningful market access where we have important export interests."

This appears to be a reference to Japan, and suggests that the U.S. views Tokyo's tough stance on protecting five sensitive agriculture products from liberalization as a key obstacle in the talks.

Froman appeared to give credence to this notion, when asked whether U.S.-Japan market access is the key to unlocking the rest of the deal. "I think resolving the U.S.-Japan market access questions will be critical to the success of TPP," he said.

One observer argued that Japan needs to improve its offer because gaining additional access to the Japanese agricultural market is a major priority for Australia, New Zealand and Canada. Therefore, similar to the situation with the U.S., these countries may not be willing to agree to demands on rules being put forth by the U.S. -- and to a lesser extent Japan -- until they can be assured that Japan will grant them additional market access in TPP.

For this reason, it is key that the U.S. and Japan move together to make offers on their sensitive products, this observer said. The U.S. cannot go first and then have Japan not do the same, this source added.

This source even speculated that the U.S. may even have been prepared to make offers here on sensitive products like sugar, but did not follow through because Japan had strongly indicated that it was not willing to move as well.

Meanwhile, the U.S. and Japan are cooperating on several rules issues in the TPP talks where the U.S. has faced opposition from other countries, such as intellectual property. One Japanese stakeholder speculated that Tokyo's strategy may be to try and leverage its cooperation with the U.S. on these rules issues in order to get the U.S. to scale back its demands on agricultural market access.

Inside U.S. Trade - 12/13/2013, Vol. 31, No. 49
posted by AMnet at 23:05 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NZ・オークランド大学のケルシー教授による「閣僚会合声明」の分析と警告


NZ・オークランド大学法学部のケルシー教授による「閣僚会合声明」の分析と警告に関する記事です。九州大学の磯田先生がお忙しい中、翻訳されたのを見て公開をお願いし許可を頂けたので掲載します。ただし訳出は完全ではないということです。TPP交渉の年内妥結は断念されましたが、依然状況を注視しなければいけないと改めて感じさせられる重要な内容となっております。尚、元記事は以下リンク等でも閲覧できます。
http://www.scoop.co.nz/stories/PO1312/S00158/shock-trade-offs-by-tppa-ministers-in-singapore.htm

ケルシー教授による「閣僚会合声明」の分析と警告
11 December 2013
For immediate release
Shock trade-offs by TPPA ministers in Singapore; plan to reconvene in a month
The four-day ministerial summit on the Trans-Pacific Partnership Agreement concluded late yesterday in Singapore.
‘In one sense, they failed to deliver on their “end game” of a deal by December 2013’, said Professor Kelsey, who has been in Singapore observing the meeting.
4日間にわたったシンガポールのTPP閣僚会合が昨日閉幕した。「ある意味では彼らは交渉を2013年12月までの『終結』をやりとげることに失敗した」と,同会合をシンガポールで見守っていたケルシー教授が語った。
‘But their decision to convene another meeting of ministers in just one month’s time signals a serious intent to maintain political pressure and conclude the agreement early in 2014.’
「しかし彼らは次の会合をたった1ヶ月後に開くことを決めたが,それは政治的圧力を維持し,2014年早々に協定を締結するという真剣な意図を意味している。」
The December to January period is the ideal time to minimise public, media and political scrutiny. Most of the twelve countries will be on Christmas holidays and their parliaments will be in recess.
Trade Minister Tim Groser spun the missed deadline as giving the talks a new momentum.
12月から1月の時期は,交渉を市民,メディア,おぷび政治家達が精査するのを最小限にするのに理想的な時期である。12ヵ国のほとんどがクリスマス休日となり,それら諸国の議会も休会になる。(NZ)貿易大臣グローサーは,今回逃した期限を延長することが,交渉に新たな弾みを与えるものとしている。
Professor Kelsey agreed, noting that ‘the nature and speed of decisions ministers apparently made in the past four days are truly frightening, given the complexity of the issues and the stark differences of position that various leaked texts have revealed.’
ケルシー教授はこの見方に同意し,さらに次のように指摘した。「様々なリークテキストが明らかにした諸問題の複雑さと,各国の厳しい立場の相違を勘案すると,この4日間に閣僚達がおそらく下したと見られる意志決定の性質と速度は実に驚くべきである。」
The new timeline suggests the parties may aim to conclude and sign the deal on the margins of the meeting of APEC trade ministers around April next year.‘The burning question is whether they really can achieve it’, Kelsey said.
新たな日程が示唆するところは,交渉諸国が来年4月のAPEC通商大臣会合に併行して,交渉を終結・署名するという狙いを持っているかも知れないということだ。「喫緊の問題は,交渉諸国が本当にそれを達成できるかどうかだ」とケルシー教授は述べた。
A three-paragraph statement issued at the end of the ministerial summit was appropriately bland, given the complete void of any official information during the four-day meeting. Reading between the lines, it reveals four points about the current state of play.
閣僚会合終了時に発表された3段落の共同声明は,4日間の会合期間中,いかなる公式情報も全く欠如していたことを勘案すると,それに相応しく当たり障りのないものだった。(しかし)行間を読み取ると,それは現在の交渉現状について4つのポイントを明らかにしている。
First, ministers say they identified ‘potential landing zones’ for ‘the majority of key outstanding issues in the text’. Some of these decisions are hugely significant. New Zealand, Australia and Canada appear to have surrendered to an as-yet-undisclosed version of US-based demands on intellectual property that they have consistently deemed unacceptable.
第1に,閣僚達は「協定テキストの鍵となる主な未解決諸問題について」の「潜在的な着地領域」を特定した,と述べている。これらの諸決定には,いくつか非常に重大なものが含まれる。ニュージーランド,オーストラリア,およびカナダはこれまで一貫して受入不可能だと見なしてきた知的財産権に対する未公開のアメリカ提案ベースの要請に,譲歩したと考えられるのである。
Second, ministers were unable to reach even ‘potential’ outcomes for other key issues in the text. The state-owned enterprise chapter, which the US has sold hard to the US Congress, corporate lobbies and the Democrats’ union base, is still a mess. ‘If the US can’t force an outcome by end the end of January, we could see a repeat of the intellectual property capitulation or the US will have to compromise. The latter seems less likely.’
第2に,閣僚達は協定テキストの他の鍵となる諸問題については,「潜在的な」決着すら得ることができなかったということである。国有企業章は,アメリカ政府が議会,企業圧力団体,および民主党支持労組に対して固い約束をしている分野だが,それはいまだに収拾がついていない。「もしアメリカが1月末までに結論を押しつけることができなかったら,知的財産権の合意が蒸し返されるか,あるいはアメリカが譲歩しなければならないか,という事態になるかも知れない。後者の可能性はより低いように思われる。」
Third, the US made no significant offers on market access for agriculture in Singapore. Japanese media reported a breakdown in the US-Japan talks on agriculture.
第3に,アメリカはシンガポール閣僚会合で農業の市場アクセスについて何ら重要なオファーを出さなかった。日本のメディアは米日間の農業交渉が決裂したと報道している。
‘The US behaviour is not surprising’, Kelsey said. ‘What is shocking is that other countries would make major concessions without a firm US market access offer and knowing that Obama cannot guarantee to deliver any deal through the Congress’.
‘Some ministers at the press conference said the deal is contingent on acceptable market access. But they have already put their cards on the table’.
「アメリカの行動は驚くに当たらない」,「ショッキングなのは,他の交渉諸国がアメリカによる確実な市場アクセスオファーもなしに,またオバマ政権がいかなる協定であれ議会を通す保障などできないにもかかわらず,主要な譲歩をしてしまいそうだということである。」
「いくつかの国の閣僚が,記者会見で交渉は受入可能な市場アクセス次第だと述べた。しかし彼らは既にカードを切ってしまっている。」
A final piece of hypocrisy in the statement is the promise to ‘further our consultation with stakeholders and engage in our respective political processes’.
The ministers have simply ignored groundswell of condemnation from legislators in the US, Peru, Chile, Australia, New Zealand, Malaysia and Japan about the secrecy of negotiations and their calls for release of the draft text.
共同声明の最後の偽善は,「利害関係者と一層協議し,各国の政治的プロセスに貢献する」という約束である。閣僚達はアメリカ,ペルー,チリ,オーストラリア,ニュージーランド,マレーシア,および日本において,議員達が交渉の秘密性を非難する声を大きく高め,協定草案テキストの公開要求しているのを,全くただ無視しているのみである。
Stakeholders, pro and con the TPPA, have had no formal opportunity to interact with negotiators for the past three negotiating rounds, although most governments have engaged actively with commercial lobbyists.Media are hugely frustrated.
TPPに賛成であれ反対であれ,利害関係者は過去3回の交渉会合で交渉官達と公式に接触する機会すら与えられなかった。その一方で,ほとんどの政府が職業的ロビイスト達とは活発に接触していたにもかかわらず,である。
Reflecting on whether the ministers can really do the deal, Professor Kelsey warned that ‘we are now in a purely political zone. Ministers will make concessions in secret, assuming they can weather the storm when they finally become public.’
閣僚達が本当に交渉終結を行えるかどうか検討するにあたって,ケルシー教授は「私達は今,純粋に政治的領域に入っている。閣僚達は秘密裏に譲歩をするつもりだ,そしてそうした譲歩が最終的に公になったときには,嵐で煙に巻こうと想定しているのだ」と警告している。
‘That is a major gamble for National in an election year, especially if they plan to sell out other aspects of the national interest as they appear to have done with Pharmac’.
「それは総選挙の年を迎えるわが国(ニュージーランド)にとって大きなギャンブルであり,特に彼らが医薬品管理庁でやったと思われるような国益の売り飛ばしを,他の側面でも目論んでいるとすれば,なおさらのことである。」

posted by AMnet at 01:11 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

団体賛同しました→【声明】特定秘密保護法案の強行採決、法案成立に抗議する

団体賛同しました。12月18日まで賛同受付とのこと。
国際協力に限らず幅広い団体の活動が制限される恐れがあり、非常に問題があると考えます。
特定秘密保護法案に懸念を持たれる団体は、ぜひ賛同ください!


以下リンク先より貼付
http://www.nangoc.org/information/2013/12/post-7.php

名古屋NGOセンターを含む、全国の国際協力NGOのネットワーク7団体は『特定秘密保護法案の強行採決、法案成立に抗議する』声明を発表致しました。

私たち国際協力NGOは法律の内容に重大な欠陥があることを指摘し、法案を成立させないことを政府に要請してきました。(こちらを参照ください)しかし、政府が強行採決し法案を成立させたことに対して強く抗議します。さらに、国際協力分野以外のNGOの間にも懸念の声が広がっており、多くの団体とともに声をあげていく予定です。つきましては、多くの団体からご賛同頂き、NGOの懸念の声を発信したく、ご賛同をお願いします。

ご賛同いただける団体は、下記フォームをご利用頂くか、(1)団体名、(2)所在地(都道府県名)を名古屋NGOセンター事務局までご連絡ください。

【声明】 特定秘密保護法案の強行採決、法案成立に抗議する

 第185回臨時国会で秘密保護法が成立しました。私たち国際協力に関わるNGOは法律の内容に重大な欠陥があることを指摘し、法案を成立させないことを政府に要請してきました。この法律が市民の知る権利を制限し、新たな義務を課する重要な法律であり、もっとも慎重な国会審議を要するものであるにも拘らず、政府が市民の懸念や意見を受け止めようとせず、国会での十分な審議を経ずに強行採決したことに強く抗議します。

 法案に関するパブリックコメントにおいて8割近い人々が反対の意思を示し、福島の公聴会では与党推薦も含めてすべての公述人が反対および慎重の意思を意見しました。また政府は衆議院では福島での公聴会の翌日、参議院では埼玉の公聴会の翌日に強引な採決を行いました。各界・市民グループの反対声明、抗議活動が日増しに広がるなかでの今回の裁決でした。かねてから政策決定の公開性、透明性、市民との政策対話を求めてきたNGOとして、このような市民の意見を封じ込める法案策定のあり方に断固抗議します。

 私たちは、この法律によって、ODAなど日本政府が関わる事業の情報が秘匿されNGOの提言活動が制限される恐れがあること、戦争や平和に関わる情報が秘匿され反戦活動や戦争検証活動が難しくなる恐れがあること、情報取得行為、取得した情報を元にした活動が処罰の対象となる恐れがあること、身辺調査によって事業従事者としてのプライバシーが侵害され活動も阻害される恐れがあることなどを指摘してきました。今回の拙速な国会審議ではこれらの懸念・危惧は何一つ払しょくされることはありませんでした。私たちはNGO活動のみならず、市民活動一般が政府の監視の対象となる恐れがあり、監視される理由も明らかにされないことによって、市民活動そのものが委縮し、民主主義の市民的な基盤が浸食されること、人権が侵害されることを非常に懸念しています。

 私たちは、特定秘密保護法は存在自体が不必要であり、修正や運用で改善できるものではないと考えます。ここに改めてこのような法律は施行することなく、直ちに廃止することを求めます。

 合わせて私たち国際協力NGOはこのような法律の存在に萎縮、自主規制することなく、今後も真の国際平和と人々の尊厳が守られる世界をめざして国際協力活動に邁進していくことをここに表明します。


一般財団法人 北海道国際交流センター(HIF)
特定非営利活動法人 横浜NGO連絡会
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
特定非営利活動法人 関西NGO協議会
特定非営利活動法人 えひめグローバルネットワーク
特定非営利活動法人 NGO福岡ネットワーク
posted by AMnet at 08:57 | TrackBack(0) | 署名・賛同文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

第20回地域と世界がつながるフォーラム2日目+街で学ぼう〜大阪再発見〜 第二回『釜ヶ崎』のご報告

遅くなりました><

11月24日に、第20回地域と世界がつながるフォーラムの2日目、そして、街で学ぼう〜大阪再発見〜 第二回『釜ヶ崎』として、釜ヶ崎へ行ってきました。

午前、午後の部と分け、午前の部では街あるきを、そして午後の部では「釜ヶ崎の現場から」ということで、現場で活動を続けられている2名の方をスピーカーとしてお招きし、お話をしていただきました。

午前にはまず、関西学院大学社会学部で教務補佐をされている白波瀬達也さんに、釜ヶ崎/あいりん地域の概要をお話いただき、他県から来られた方や、この地域に馴染のない方とも情報共有をしたうえで、3名の案内人の方々にそれぞれ1グループずつ街の案内をしていただきました。

IMG_7026.JPG

案内人は、ホームレス支援全国ネットワーク会員の友岡雅弥さん、地域・研究アシスト事務所の平川隆啓さん、そして引き続き白波瀬さんに務めていただきました。
各グループ、違うコースでまわりましたが、三角公園やあいりん総合センター、シェルターやドヤ街など、この地域で暮らす労働者の方々の生活に重要な場所や、歴史的な流れの見える場所を中心に、1時間半ほどご案内いただきました。

DSC_0103.jpg

この写真は、1960年代に老若男女、家族のいた街から単身の男性労働者が大多数を占める不思議な町、釜ヶ崎に、行政指導によって変えられたことを象徴する、当時作られた家族向けマンションです。
これは、釜ヶ崎の北側に位置するマンションですが、他にも周辺にこうしたマンションが数多く存在します。
一方、釜ヶ崎の中はというと、ドヤと呼ばれる簡易宿所が連なっており、そのほとんどが3畳ほど、一泊500円〜2000円といった宿で、当時は労働者が全国からここに集められ、一晩泊まっては仕事へ行くという移動の多い生活をしていました。

それぞれ、路上や公園、あいりん総合センターの床の上での宿泊を強いられる方も少なくなく、そこを集団で歩くということで、申し訳ない思いをしたり、複雑な気持ちになった参加者も少なくなかったように思います。
しかし一方で、案内人の方に説明をいただきながら実際に歩いてみないと見えてこないものが多いのがここ釜ヶ崎。
大阪でも、偏見を持たれ、差別を受けている地域の一つです。
一日の訪問では現場を語ることは到底できませんが、ここからみなさんの活動にとって何らかのきっかけ、繋がりができたのではないでしょうか。


さて、お昼は大よしで定食を食べ、午後の部です!


「釜ヶ崎の現場から」と題した午後の部では、ふるさとの家の本田哲郎さん、そして昨日に引き続き、NPO釜ヶ崎支援機構の山田實さんにお話をしていただきました。

本田さんからは、ご自身の活動を通して学ばれた精神を中心にお話いただきました。
相手の立場に立って考えること。一方で立てることは決してない事実を受け止め、それでも立つ努力をすること。学ぶ姿勢で感じ取らせてもらうこと。これをせずに、単純に物を分け与えることは、問題の本質を見えなくさせ、人間の尊厳を傷つけ、非常に危険であるということを、話されました。

一方、山田さんからは、暴力的な手配師と労働者の闘いの歴史を、リアルな描写と共にお話いただきました。釜ヶ崎では、警察と暴力団関係の癒着問題などもあり、労働者が人として扱われず、疎外、弾圧されてきた歴史があります。しかし、そういった手配師たちも、かつて弱い立場におり、暴力で人を思い通りにすることを覚えてきたという、サイクルがあります。


フォーラムの両日、続けて参加してくださった方、街で学ぼう〜大阪再発見〜に参加してくださった方、みなさんそれぞれの想いを最後のグループでの振り返りでぶつけていただき、スピーカーの方々だけでなく、参加者の方々の意見共有も盛んにできました。





さて、街で学ぼう〜大阪再発見〜シリーズですが、3月末に第三回目を企画しています!

◆第3回『淀川のいまむかし』

誰もが知っている水の都、大阪。
「水」をキーワードに、大阪の街をめぐります。

※)詳細は、決まり次第お知らせします!

★お申し込みは、メールで。
【申込みメールフォーム】
@お名前(あれば所属)
Aメールアドレス

【申込み先】 特定非営利活動法人 AMネット
〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
posted by AMnet at 01:55 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

重要!【緊急仮抄訳】TPPリーク!「ある国政府によるソルトレイクシティ会合小括の内部文書」交渉状況がわかります!

【大拡散希望】◆◇TPP。今すぐやろう!〜わたしたちにできること〜◇◆
TPP交渉の情報公開と市民参加を求めて、「オンライン署名」と「議員アクション」はじめました!
どこでも、だれにでも、一人でもできるアクションです。ぜひご友人にもお知らせください!
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/2013/10/tpp_109.html

=================
11月ソルトレイクで開催された主席交渉官会合後に、TPP交渉の現状に関するある政府内部の論評からの抄録がリークされました!

知的財産権のリークに続く、現在の交渉状況を理解する非常に貴重なリークです。
重要性にかんがみて、九州大学農学研究院の磯田宏先生が至急対応してくださり、「いくつも不十分な訳を残した「緊急仮抄訳」のため加筆訂正と活用歓迎」ということで公開に快諾くださいました。
(いつもありがとうございます!)

「ある国政府によるソルトレイクシティ会合小括の内部文書」磯田宏先生仮抄訳
DCのウェブジャーナルThe Huffington Postとウィキリークスの2つですが,内容は完全に同一です。
http://www.huffingtonpost.com/2013/12/08/tpp-trade-agreement_n_4409211.html
http://wikileaks.org/Second-release-of-secret-Trans.html?update


【仮抄訳はこちら↓】 ※12/12 ver.2更新しました!
https://drive.google.com/file/d/0Bz4cgaa9CBKLcDVBT2R4Q3JHc28/edit?usp=sharing

※磯田先生または、AMネットまでメールでお寄せください。
posted by AMnet at 23:22 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/23〜24開催】「第20回地域と世界がつながるフォーラム」のご報告

第20回 地域と世界がつながるフォーラムですが、皆さまのおかげで、11月23日・24日に無事終えることができました。

フォーラム1日目、新大阪の会場いっぱいの方に参加いただきました^^

IMG_7020.JPG


今回は「TPPでどうなる?私たちのお仕事」をテーマに、13:00〜のシンポジウムでは、福岡ゼネラルユニオンの川口英治さん、RINKの早崎直美さん、JVC/JANICの谷山博史さん、そしてNPO釜ヶ崎支援機構の山田實さんをスピーカーとしてお招きし、各現場や活動のお話をしていただきました。

共通して見えてきたことは、人々の生活が市場原理にさらされるとどうなるか、ということでした。市場原理主義に基づいた自由化や規制緩和等が極端に進められていくと、現在生活に問題を抱えていない人にとっても他人事ではなくなり、自分たちの未来を見据える必要があるということ、また、こうした市場原理、競争経済社会に自身がしがみつくことによって、地球の裏側の人々の生活ににもたらされる影響が多大であるということを考えさせられました。

その後の分科会では、「TPPと農政」「日本と世界の貧困問題」「日本と世界の労働問題」「足尾銅山から福島を考える」と4つのグループに分かれ、それぞれ新たに合計6名のスピーカーを各グループに迎え、質疑応答や議論を行いました。

始めのシンポジウムでは聞き/話しきれなかったことも含め、どこのグループも充実した意見/情報交換の場となりました。

IMG_7024.JPG

最後の全体会では、北海道、新潟、東京、愛知、岐阜、大阪、鳥取、福岡と各地からの報告を受け、この日のフォーラムは終了となりました。

次回の地域と世界がつながるフォーラムは、鳥取で開催の方向で決まりました!
また詳細が決まりましたら、こちらにアップします。

鳥取のみなさま、よろしくお願いします!^^




夜は新世界へ移動し、名代 鶴亀屋にて交流会。
新世界名物の串カツとビールをほおばりながら、こちらでも熱い議論を交わし、新たなな繋がりができたりと、とても素晴らしいひと時でした。
こうした繋がりを大切に、これからも頑張っていきましょう!



2日目のフォーラムは、AMネットの企画として2回目の開催となる大阪街歩きと合わせて行いました。
すぐにこちらも更新するので暫しお待ちください^^
posted by AMnet at 15:08 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

いよいよ今週末!【12/8東京】これでいいのか?TPP 12・8大行動

131208-TPP.png

1.主催:

「これでいいのか?!TPP 12.8大行動」実行委員会

呼びかけ団体:
・TPPに反対する弁護士ネットワーク
・TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会
・主婦連合会
 ほか多くの賛同団体で構成されます

2.日時:

2013年12月8日(日)13時〜16時を予定      

3.場所:

日比谷野外音楽堂(千代田区日比谷公園1-5)、ほか

4.行動内容:

集会とデモ行進(日比谷野外音楽堂での集会と銀座デモ・東京駅近くで解散のコースを予定)
*なお、集会の内容、デモ行進の内容は、今後実行委員会で話し合います。

5.本「大行動」の趣旨
  TPP交渉の現状は、秘密交渉のまま、国会決議も自民党の決議も守られないままに年内合意・妥結があり得る状況にあります。したがって、そもそもTPP交渉からは即時脱退すべきと考えている人々・団体も、国会等の決議を守らせるためなお運動強化をと考えている人々・団体も、あるいは、TPPはよく分からな いが、秘密交渉のまま何らかの合意をするのはおかしいと考えている人々・団体も集まれる、「秘密交渉のまま、国会決議が守られないTPP交渉妥結なんてと んでもない」の思いを集めて、この集会・デモ行進は行われます。

※本行動の経費は、賛同団体からの賛助金と当日の運営協力金カンパなどでまかなわれます。
posted by AMnet at 16:53 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする