2014年06月19日

歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾 『淀川 〜流域を歩く(安威川:現地編)〜』

歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾
『淀川 〜流域を歩く(安威川:現地編)〜』
― お待ちかね! 7/12に、いよいよ現地を訪ねます ―


川の流域って考えてみたことがありますか?
どうして今、流域なんでしょうか?

急速に変わってきた私たちの暮らし、
ますます曲がって進んでいきそうな、私たちの社会。

そんな世の中だからこそ、
昔は身近にあった川や、それを上手に利用してきた先輩たちの暮らしを、
じっくりと見直してみませんか?

第1弾は、北摂を流れる淀川支流の安威川をさかのぼり、
流域地図を作りながら歩きます。
安威川下流安威川下流

なが〜く続く淀川は、その支流がいくつもの「川」に分かれています。
その中でも安威川は、源流から河口まで、暮らしや歴史をコンパクトに
見ることができる、絶好の川です。
安威川上流の棚田上流に広がる棚田

権内(深山)水路棚田の間を流れる、昔から続く権内(深山)水路

おまけに、茨木市の都会から、すぐすぐ近く。
下見に行ってホントにびっくり、
「大阪から1時間のところに、こんな場所があったとは!」と、
驚きの声があがっています。

5月の講座編に続き、いよいよ現地を訪ねる<現地編>。
めったにない貴重な機会です。
講座編に参加できなかった方も、大歓迎。
ご一緒に、川から地域の未来を考えてみませんか?

おそばやさん(いし田)お昼は、田舎家のおそばやさんで。

第1弾:安威川(あいがわ)<淀川の支流:北摂地域>

<講座編>「流域地図を作ろう」 
 5月16日(金)終了

<現地編>「流域を歩いてみよう」 現地を歩いて流域地図を完成します
 ■日時: 7月12日(土)10:00〜17:00(小雨決行)
 ■集合: JR茨木駅(詳細な場所は後日発表)
 ■内容: 10:00〜15:00 車で安威川流域をめぐり、ポイントで下車&説明。
      15:30〜17:00 安威川流域地図の作成(茨木市内の会場)
 *案内人:神田浩史さん
 ■参加費:3,000円(昼食別)(講座編に参加された方は、2,500円)
 ★要申込み:7/5まで。
  車の準備が必要なため、1週間前に締め切ります。定員17名(先着順)

◇申し込み・問合せ先:NPO法人AMネット
 *1)〜3)を記入の上、メールでお申込みをお願いします。
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp
  1)お名前(あれば所属) 2)メールアドレス 
  3)参加日(5/16・7/12の両日、5/16のみ、7/12のみ) 

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 11:15 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

7/26(土)開催!「これが最新情報!TPPと国家戦略特区でどうなる大阪圏!?」@大阪

AMネットからも登壇します。
ぜひご参加ください!


シンポジウムのお知らせ!
これが最新情報!
TPPと国家戦略特区でどうなる大阪圏!?


TPP(環太平洋連携協定)は農業だけでなく医療、労働など多岐にわたる領域で例外なき自由化を行なう条約である。
TPPに日本が参加すれば、すべての人にとって安心して暮らせる権利が根こそぎ奪われてしまう。
大幅な規制緩和を行うTPPだが、安倍総理の 経済政策では国家戦略特区も表裏一体といえる。
国際条約であるTPPに批准しなくとも、国家戦略特区ならTPPに批准したのと同様の状況を作り出すことができる。
首都圏、関西圏、福岡など国家戦略特区は指定GDPの4割を占め、特区の問題にとどまらない。
しかも、税金、教育、医療など多岐にわたったさらなる規制緩和で外資優遇が行われ、決定権は竹中平蔵氏をはじめとする多くを民間有識者で占める「国家戦略特別区諮問会議」「同区域会議」にゆだねられる。

関西は、大阪は、これによって何が変わるのか。


  ◆日時       2014年7月26日(土)12:30開場 13:00開始
  ◆会場     靭(うつぼ)公園テニスコートB1会議室
           大阪市西区靭本町2-1-14  http://yahoo.jp/hYeGnR
地下鉄四ツ橋線「本町」(25)(28)出口       
  ◆パネリスト   内田聖子 アジア太平洋資料センター事務局長 
             奈須りえ  市民生活アナリスト
             塩見俊次 医師  奈良県医師会長
             杉島幸生 弁護士 自由法曹団
             NPO法人AMネット

◆司会・コーディネーター 中村哲治 元衆議院議員

◆参加費   1,000円

◆お申し込サイト  http://tinyurl.com/p3opnvf


主催:市民シンクタンク まちづくりエンパワメント
協力:アジア太平洋資料センター(PARC)

FB https://www.facebook.com/enpawament2014

お問い合わせ: enpawament@gmail.com

posted by AMnet at 11:09 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

7/21(月・休)開催!〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取り編〜土とつながる。いのちをおもう。@京都京北耕し歌ふぁーむ

〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取り編〜

土とつながる。いのちをおもう。



田植えから約2ヶ月。暑い日々がつづき、夏もまっさかり。

あの小さくてたよりない苗が、しっかり根を張り大きくなる姿は、頼もしいかぎり。

この時期、農薬を使わずにお米を作る人たちにとって、最大の難関であり挑戦は、

生命力バツグンの草とのお付き合い。

「雑草」と呼ぶなんてメッソウモナイしモッタイナイ。
実はほとんどが食べられたり、少し前まで薬草だった草だったりします。

「ザッソウ」なんて目のカタキにするのって、この社会の都合なんだよなぁ。

と思いつつ、それでもお米はたくさん実ったらウレシイ・・・

そんなジレンマの中、草を引く。でもやっぱり食べられる草はとっておいたり。

おとなが田んぼと草を見つめ、じっくり向き合うその横で、

稲と稲の間を縫うように、「ワニさん」およぎに夢中の小さな人たち。

草取り&田んぼに空気を入れる役割にもなるんです(たぶん)。

子どもたちは楽しいし、田んぼはよろこぶし、一石二鳥。

草取りで汗をながしたい人、田んぼで泳ぎたいどろんこっ子、あつまれ〜!



*日時:2014年7月21日(月・休)

*主催: 耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayashiuta

AMネット http://am-net.org/

*会場:京都市右京区京北下黒田町



*内容*

★京都、京北・黒田は京都市内から35kmほどの距離にある、桂川の源流域の自然豊かな山間地です。10年以上農薬不使用の耕し歌ふぁーむの田んぼで「草取り」を名目に、土・泥・草・虫たちとたわむれる一日を過ごします。


★生き物豊富な田んぼなので、手足を泥につけているだけでとても気持ちいいです(デトックス効果)。草取りで汗を流せばさらにデトックス。田んぼに日頃の毒を吸い取ってもらって、1日の終わりには身も心もすっきり!?

★「草取り」は、無農薬のお米作りの最大の難関。草との攻防を経験すると、「除草剤は仕方ないよなぁ」と思わせられるほどハードな作業です。少し前までは、「農家のお嫁さん」のお仕事で、女性泣かせの辛い仕事でした。この作業を体験すると、今まで以上にお米がおいしく、ありがたく感じられるように!?

★ランチは、耕し歌ふぁーむの野菜づくしの自家製ピザとおむすび(予定)です。深い山々をバックに田んぼの畦でいただきます。1日たっぷり田んぼに大地の生き物にふれ合った後は、これまた田畑の恵みを使ったちょっとしたスウィーツをいただきます。

★お子さんと一緒のご参加大歓迎です!ばりばり草取りに夢中になるもよし。虫をひたすら追いかけるもよし。食べられる草取りに夢中になるもよし。ただ、お子さんのことを目にかけることのできる大人の方と一緒にご参加くださいね(ベビーシッター等は手配していません)。一緒にどろんこになって、田んぼ周りでたっぷり遊ぶ1日をお過ごしください。

★Patagonia京都支社の「Voice Your Choiceプログラム」の助成を受けています。



*プログラム(予定)*

7月21日(月・休)

9:30 耕し歌ふぁーむ集合

10:00-15:00 田んぼで草取り&田んぼや畦であそぶ

(途中1時間ランチ休憩)

16:00 解散予定

*雨天の場合:小雨決行。荒天の場合は中止となります。



*交通手段*

・基本的に現地集合です。車でお越しの方には行き方の詳細を追ってご連絡します。

・JR西日本バス(高雄・京北線)のご利用も可能です。

往路:周山行き・・・JR京都駅7:50発、京北合同庁舎前下車9:09

復路:JR京都駅行き・・・周山16:40発、JR京都駅着18:06

http://www.nishinihonjrbus.co.jp/local_bus/kyoto/
ウッディ京北と耕し歌ふぁーむは車で20分程度です。

ご予約時に交通手段の欄に「JR西日本バス利用」と明記ください。

人数によって車を手配いたします(実費をご請求します)。



*参加費*

おとな(中学生以上): 3,000円(耕し歌ふぁーむ定期便サポーターさん、AMネット会員さんは、2,000円)

(草取り体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生): 1,000円

(草取り体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生未満): 500円

(田植え体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

乳児(食事不要):  無料

*交通費は含まれていません。

posted by AMnet at 00:03 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

7/13(日)開催「ほんまにええの?TPP」〜規制緩和が私たちのくらしに及ぼす影響を考える〜@大阪

ほんまにええの?TPP大阪ネットワークの学習会開催!

◆シンポジウム 「ほんまにええの?TPP PARTU」〜規制緩和が私たちのくらしに及ぼす影響を考える〜
◆日 時 7月13日(日)13:30〜16:30
◆場 所  国労会館 3F大会議室
  JR天満駅徒歩2分 http://yahoo.jp/LwCRIn

日米首脳会談でも、その後の閣僚会合においても日米二国間協議は合意に至ることはできませんでした。

公約・国会決議を無視してTPP交渉にあたる安倍内閣は、これまでの規制緩和・構造改革路線が、貧困と格差の拡大や国民生活に犠牲を強いる多くの問題を生んできたことへの反省が全くありません。

安倍内閣がすすめる成長戦略は、国内外の規制緩和推進政策推進と軌を一にしており、さらに「岩盤規制に手を付ける」ということは国民生活に必要不可欠な社会保障の仕組みを破壊するということに他なりません。TPP交渉に対する姿勢も同様のレールを走るものとなっています。

「ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク」では、政府や財界、マスコミがTPPに前のめりになっている問題を考えるうえで、規制緩和・市場化がどのように国民生活に困難をもたらしたのかを明らかにしたいと考え、下記のシンポジウムを企画しました。4分野からの報告を得て、討論を行います。

<各分野からの報告>  
@ 雇用・労働法制規制緩和 杉島幸生さん(TPPに反対する弁護士ネットワーク)
A 中小商工業者と規制緩和 大川利雄さん(大阪商工団体連合会副会長)
B TPPで医療はどう変わる 平出幸夫さん
(大阪民主医療機関連合会事務局次長)
C 保育行政と規制緩和  仲井さやかさん(大阪保育運動連絡会副会長)

◆主 催   ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク
問合せ:全大阪消費者団体連絡会 06-6941-3745
申込先:全大阪消費者団体連絡会 ファックス.06-6941-5699
(当日参加も可能ですが、準備の都合上できるだけ事前申込をお願いします)

◆保育あります(要申込み)
※保育は1歳以上のお子様に限ります。保育の申込みは、7月3日(金)締め切りです。
posted by AMnet at 17:36 | TrackBack(0) | 関連イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

「ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク」のFBページが設置されました!

「ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク」のFBページが設置されました!

産経新聞への意見広告掲載や、街頭アピール。
7月13日には2回目のシンポジウムも開催されます。

私たちは、「ほんまにええの?TPP」という思いから集まった
AMネットを含む大阪の28団体(JA中央会、全大阪消費者団体連絡会、大阪食糧・農業問題研究会、大阪府保険医協会、生協労連大阪府連合会や市民団体など)が賛同加入するゆるやかなネットワークです。

日本政府にTPP交渉における国民への説明責任を果たすこと、衆参農林水産委員会における国会決議を遵守することを求めて運動を進めます。

ぜひ「いいね」を押して大阪での動きに注目ください!
https://www.facebook.com/tpposakanet



posted by AMnet at 13:55 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする