2009年12月15日

川上豊幸のジュネーブ日記(WTO閣僚会合)


AMネット理事・川上豊幸のジュネーブ日記第2弾です。11月28日から12月4日までまとめて掲載!

-----

11月28日(土) 夜 ジュネーブ到着、宿にタクシーで直行。


11月29日(日) 午前 WTO閣僚会議への参加のためにバッジを取りにWTOへ。登録場所は、WTOの目の前。WTOにも入れたので、中に入ってみました。会場付近で行われていたOWINFSの準備会議に参加。WTOのNGO向けブリーフィングに参加。


11月30日(月) WTO閣僚会合の初日。開会式には限られた人数のNGOしか入れないとのことになっており、会場の外から見物。NGOネットワークである「私たちの世界は売り物ではない(Our World Is Not For Sale、OWINFS)」のアクションの写真を撮る。NGOとの会合が最終日にしか設定されていないので、毎日か、少なくとも今日明日のうちに一度会合を設定するように求めるが、体制が整っていないとのことで実現せず。代わりに日本のプレス向けブリーフィングに参加させてもらえるようにお願いした。また、South CentreThird World Network(TWN)などによる途上国によるSSM(特別セーフガード措置)に関するセミナーに参加。


12月1日(火) 引き続き、日本のプレスブリーフィングへの参加を求めるものの、調整がつかず、結局参加できず。OWINFSの会合に参加。夕方のWTOのNGO向けブリーフィングに参加。


12月2日(水) 南アフリカの大臣も出席していたSouth Centre、TWNなどによる非農産物市場アクセス(NAMA)のセミナーに参加。午後のWTOのNGO向けブリーフィングに参加して閉会式のバッジを入手。担当課長と、ジュネーブの日本代表部にて会合を1時間程度持つ。


12月3日(木) 予備日、休暇。近辺散策。


12月4日(金) 移動日。コペンハーゲンへ移動。

-----

【関連する記事】
posted by AMnet at 22:25| WTOジュネーブ閣僚会合2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする