2009年12月27日

川上豊幸のコペンハーゲン日記2(国連COP15)


12月22日(火) コペンハーゲンから帰ってきました。現地では連日会議続きで、報告を書く時間もないような状況でした。


たまたまですが、食事しているところに、モード・バーロウさんが居られて、私のことを覚えていたらしく、少しだけ話をしました(※)。


↓ モード・バーロウさん

Maude Barlow.png


 さて、水資源や商品化等の問題を扱った「ブルー・ゴールド─狙われた水の真実」という映画が来月16日より公開されます。http://www.uplink.co.jp/bluegold/


モード・バーロウ、トニー・クラークの新書の映画版だそうで、ミニシアターのポレポレ東中野、アップリンク、シネカノン有楽町3館同時上映だそうです。


(※)モード・バーロウさんは、カナダ人評議会のメンバーで、水問題に関して国際的に活動する主要人物の一人。著書に『ウォーター・ビジネス』(作品社)など。2003年3月に京都・大阪・滋賀で開催された第3回世界水フォーラム時に、AMネットも参加した世界水フォーラム市民ネットワークの招聘で来日したことがある。

世界水フォーラムについては、当ブログ・カテゴリーの「世界水フォーラム2009」(コチラ)を参照のこと。

posted by AMnet at 00:00| 国連COP15コペンハーゲン2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする