2012年03月22日

【TPP協議への情報公開と市民参加申入れ:経過報告】国家戦略室担当官と面会しました。

呼びかけ8団体、賛同114団体の多様な市民社会から合計122団体に賛同いただいた
TPP協議に関する情報公開と市民参加の申し入れ
http://am-net.seesaa.net/article/251556762.html

2月20日、TPP協議に関する情報公開と市民参加の申し入れ
山根外務副大臣に手渡しで申し入れを行いました。
http://am-net.seesaa.net/article/253514409.html

3月7日「TPPに関する意見交換会」開催の要望
大串政務官と近藤昭一議員にお会いしました。
http://am-net.seesaa.net/article/256607873.html


その後のご報告が遅れておりまして申し訳ございません。

その後、国家戦略室の担当官の方から電話連絡がありました。が、

「市民参加は共同通信社主催の地域シンポジウムがある。
そちらに参加してください。
神戸も定員割れです。質疑応答も延長してでも時間をとってるのでそちらで」

と。

実際、神戸のTPPをともに考える地域シンポジウムに参加しましたが

質問に手を挙げた半分も当たらず、

質問への回答に対して再度手を挙げた方も、「一人一回まで」と言われ

とても「国民的議論する場」とは思えない説明会状態でした。
(詳細は別途ブログで報告したいと思います)


そこで、3月21日、内閣府国家戦略室の松尾剛彦・内閣参事官および大江健太郎・参事官補佐に対し、
TPP市民意見交換会についての申し入れを行ないました。


P1010468.JPG


申し入れへの返答として、

「市民団体主催のシンポジウムなどに出席することは可能」

との返事をいただきました。

ただ、政務官・課長クラス・事務方のどのレベルが参加するかはまだ不明です。

今回の賛同団体以外の方のご協力も広く仰ぎながら、

実質的な議論ができる場所を作れるようにしたいと思います。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


(武田)
posted by AMnet at 13:26 | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック