2012年12月10日

【参加してきました!12/8-9】その1. 国際理解連続講座  日本の農村×世界=さまざまな「つながり」

12/8(土)-9(日)に、泉京(せんと)・垂井の連続講座
「衣服からひも解く世界とのつながり」に参加してきました!

詳しくはコチラ ↓↓↓
http://am-net.seesaa.net/article/304487754.html

繊維産業を通して、世界とのつながりを学んだ今回の講座は
岐阜駅前のアパレル問屋街からスタートしました。
日本屈指の問屋街だっただけあって、いくつもの通りに分かれている問屋街は、店舗が並ぶ通路が
縦に横に延びてまるでモロッコで見たメディナの様。
ほとんどの店舗が、土日休業のため平日の様子がわからなかったのが残念ですが、
最盛期には1600軒ほどあった問屋が、現在は300軒弱に減少しているとのこと。
戦後の焼け野原から始まり、国内需要を満たし繁栄して来た岐阜の繊維産業も
中国との国交正常化を契機に中国を始めとするアジアの国々からの輸入が増え、
工場も海外移転するなどグローバル化という名の下で衰退(変化?)していったとのことでした。
少しでもコストを下げたい企業。少しでも安くて良い(便利な)ものを買いたい消費者。
一見お財布にとっては居心地の良い考えだけど、結局そんなに必要でもないものを持っていたり、
再利用できるものでも使い捨てにしてしまったり。反省することの多い内容でした。

今回とても印象的だったのは、AMネットの理事でもある神田さんが言われていたこと。
産業が栄えたのもそれ以前から「変化(Reborn)」したから、今も「変化(Reborn)」が必要なのかもね。
そう考えると、これから新しい事ができるんだってワクワクするよね。って。(たぶんそのような事・・・(^^;)
単純な私は、そうだそうだー!!って、ワクワクして一人こんなだったら良いなの妄想を膨らませてます。笑

他にもたくさん心に沁みた事がありました。
・歴史をひも解くことの大切さ
・グローバルなつながりを想像することの大切さ
頭で分かっていても中々日常生活では考える時間がなかった私ですが、
目の前にあるものとつなげてお話を聞いたり、他の方の考えを聞いて、
改めて考え続けることの大切さを知りました。

(ハラダ)
posted by AMnet at 23:17 | TrackBack(0) | スタッフのつぶやき(原田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック