2013年03月03日

【アーカイブ】TPP緊急記者会見 〜TPPで市民の暮らしどないなんの!〜


昨日はTPP緊急記者会見 〜TPPで市民の暮らしどないなんの!〜 無事終了しました。
緊急企画にも関わらず、ご参加、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!

当日は、IWJさん、日本農業新聞さん、毎日新聞さん、朝日新聞さん、新聞うずみ火さん(会場到着順)にお越しくださいました。
(新聞記事等見られましたら、提供いただけると大変助かります!)

IWJさん中継のアーカイブはこちらからご覧になれます。(期間終了後、会員限定ページとなりますので早めのご視聴お勧めいたします)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/62706


TPPは関税の問題ではなく、非関税障壁。矮小化されていること。
日米共同声明では聖域が認められたのではなく、そのことの追認であること。
交渉の情報公開を行わないことにより、あらゆることの検証すらできないこと。

後から交渉に参加したカナダ・メキシコがどのような条件で入ったのか。
加盟までにどのような条件をのんだのか、カナダ・メキシコの市民・議員すら知らされていない。

日米協議対象自体、牛肉・かんぽ・自動車の3分野ばかり注目されるが、それだけに限定されない可能性がある。

先日の規制改革会議では、日本の成長戦略として混合診療が提案された。

情報公開されないまま、なし崩し的に国内法をどんどん変えられているのではないか。

…等々、さまざまな論点で進められました。


是非ごらんください!


プレスリリースはこちら
http://am-net.seesaa.net/article/331988144.html
posted by AMnet at 13:02 | TrackBack(0) | 新聞・雑誌記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341647553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック