2014年09月23日

AMネット神田も登壇→【10/1水夜開催】ODA(政府開発援助)大綱学習会@京都のご案内

武器輸出三原則の見直し、集団的自衛権の解釈など、日本のこれまでの政策が揺らぐ中、どのようにODA大綱が改定されるのか。

AMネット理事の神田も登壇する学習会が京都で開催されます。ぜひご参加ください!

【10/1水夜開催】ODA(政府開発援助)大綱学習会@京都のご案内
https://www.facebook.com/events/1515802941970633

日本のODA政策の最上位文書であるODA大綱の改定が図られようとしています。ODA大綱は1992年に策定され、その後、2003年の改定を経て、今日に至っています。10年程度での改定をめどとしており、今年3月に岸田外務大臣が改定を表明して以来、外務省の担当者と各種団体との意見交換などが繰り広げられてきました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/kaikaku/taikou_minaoshi/

いよいよ今年年末にかけて政府より改定案が示され、公聴会やパブリック・コメントが実施される運びになります。

その前に、ODA大綱の成り立ちを学習し、これまでの大綱の成果や課題、今回の改定のポイントなどを振り返り、同時に私たち日本社会の一人一人の市民の役割についても考えていきたいと思います。

ODA大綱ってなに?初めて聞いた、という方にもわかりやすく学ぶ場としていきたいと思いますので、ぜひ、ご参加ください!

■と き:2014年10月1日(水) 18:30〜20:30
■ところ:同志社大学 今出川キャンパス 至誠館3階 会議室
    (地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分)
■参加費:無料

■内 容:
@ODA大綱ってなに?
 〜これまでのODA大綱と今回の改定のポイント〜
 神田 浩史 さん
(ODA改革ネットワーク世話人、NPO法人 AMネット理事、元「国際協力に関する有識者会議(外務大臣の諮問機関)」委員)

AODA大綱改定にあたって
 私たちにできること、私たちがやらなければならないこと
 加藤 良太 さん
(関西NGO協議会 提言専門委員、NGO・外務省定期協議会「ODA政策協議会」コーディネーター)

■主 催:ODA改革ネットワーク・関西
posted by AMnet at 12:24 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405883072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック