2017年06月14日

「水道料金、6割値上げ必要」?「今後の水道のあり方」を考えるなら、民営化と現状の比較だけでなく、大阪市水道局は「料金値上げした場合の収支シミュレーション」を出すべきだ。

◆「水道料金、6割値上げ必要」?
水道は自治体ごとに水道料金は10倍もの差があり、今後の値上げも自治体によってまったく状況が変わる。
まとめて計算して、いっしょくたに対策を考えることに意味があるのか?
単に、広域化や民営化を進めたいだけの推計に見えて仕方ない。

◆大阪市はどうか?
大阪市は平成41年に10%の値上げでよいという試算がある。

「今後の水道のあり方」を考えるなら、民営化と現状の比較だけでなく、大阪市水道局は「料金値上げした場合の収支シミュレーション」を出すべきだ。


→【朝日新聞6/13】水道料金、6割の値上げ必要 政投銀が今後30年を試算
http://www.asahi.com/articles/ASK634JTBK63ULBJ004.html

赤字を出さずに継続するには、約30年間で6割の水道料金の値上げが必要との試算を日本政策投資銀行がまとめた。


<参考>
【チーム水日本】「人口減少時代の水道料金はどうなるのか?」 全国事業体ごとの推計結果

http://www.waterforum.jp/twj/dl/docs/20150226_3.pdf
※この試算では、大阪市は将来10%でOK(1世帯約200円/1か月の値上げ)


【日本政策投資銀行】水道事業の将来予測と経営改革
http://www.dbj.jp/ja/topics/region/industry/files/0000026827_file2.pdf
※全国の数字をまとめて計算した結果が6割料金値上げ必要との結論

posted by AMnet at 01:23 | TrackBack(0) | 水の私営化問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック