2019年06月14日

【賛同依頼@G20大阪市民サミット】夢洲のポテンシャルを生かすため、リスク回避のためにも、集客施設(万博・IRカジノ)の夢洲開発を再考すべき。

【6/25-26開催】G20大阪市民サミット!近づいてきました!

その前に、夢洲問題について以下内容で賛同を集めています。(団体賛同も募集中)
賛同いただける方は以下リンク先から、お願いします!
G20大阪市民サミットで開催する各分科会から提言が出ています。あわせてご覧ください!


分科会名

地域から世界へ「SDGsと夢洲万博 :夢洲のリスクとポテンシャル」

文書名

夢洲のポテンシャルを生かすため、リスク回避のためにも、集客施設(万博・IRカジノ)の夢洲開発を再考すべき。

提言の

ポイント

Ø   夢洲は防災面などにリスクが多く、集客施設を作るべきではない。

Ø   物流拠点・生物多様性を残すなど、本来の夢洲のポテンシャルを生かすべき。

Ø   大阪で活動する市民団体、学者の声を集めました。

背景・現状

「夢洲で万博開催?」
夢洲は「生物多様性ホットスポット」であり「国際コンテナ戦略の中心的機能」を担う関西の物流の要。一方、軟弱地盤や台風等、災害対策も大きな課題。そして万博とカジノは相容れないという批判も聞こえてきます。そんな中、議会の議決もないまま、夢洲開催が既成事実化されようとしています。

提 言

【SDGs】

SDGs目標11は「住み続けられるまちづくり」ですが、夢洲開発には災害時の脆弱性を筆頭に、公害への懸念、廃棄物管理、生物多様性の損失等、検討すべき深刻な問題が数多くあります。住民参加型プロセスを経ない議論も大きな課題です。政府のSDGsアクションプラン「万博開催を通じたSDGsの推進」を現実にするために再考すべきです。

特定非営利活動法人AMネット


【自然環境】

万博予定地の夢洲は、咲洲の南港野鳥園と共に大阪府レッドリスト2014で生物多様性ホットスポットAランクエリアと認定された。当協会が2018年に提出した質問書に対して、大阪府市共に夢洲の生物多様性保全の重要性を認識していると返答した。だが万博・IR計画には、その視点が全く見られないことを問題提起したい。

公益社団法人 大阪自然環境保全協会


【物流】

国際貨物船舶の大型化の中、15m水深を保つ夢洲を国際コンテナ貨物の中心基地とすることは、当初計画の通り、大阪経済の高揚のため欠かせません。橋1本、トンネル1つの夢洲に、物流拠点化・観光拠点化の併存は、物理的に不可能です。強行すれば双方を殺し、巨額投資の損失となります。「夢洲」は、緩やかな埋立と物流基地での活用が最適です。

どないする大阪の未来ネット



【公害】

夢洲は、過去28年間で約1千万dの焼却灰を埋め立てた、ごみの洲(しま)。必ず沈み、災害に弱いことが明らかだ。万博の2区、IRの3区に一般ごみが持ち込まれている。ダイオキシン汚染が懸念される1区は危険土壌であり、グリーンテラスなど万博施設にしてはいけない。市民の財産である埋立地は20年延命を考え、撤退すべき。

NGOおおさか市民ネットワーク


【大気汚染の増大】

夢洲万博開催は、2,800万人の来場者や、従業員・物資輸送のため、この地と大阪湾岸地域との自動車交通量を劇的に増大させる。かつての臨海工業企業群からの排ガス汚染により、激甚な公害患者発生となった地域に再度、自動車排ガス増大で、ぜん息などの公害病の多発の再現となるのではないか。

大阪から公害をなくす会


【軟弱地盤】

南海トラフ巨大地震が発生すると、夢洲に押し寄せる津波高は3.2mとされている。満潮時では5.4m。津波は夢洲を自動車並みの速さで駆け上がる。その時、津波高は1.5倍以上となり、カジノ万博地盤が浸水する可能性は高い。また、夢洲は浚渫土の上を良質の砂で数b埋土するので、液状化被害を受ける。

田結庄良昭(神戸大学名誉教授:地質学)


【財政】

災害リスクのある夢洲を埋め立て、「IR」という名のカジノ・万博関連のインフラを整備するのは財政的にも大問題。1千億円※近い土地造成とインフラ整備。地下鉄延伸分の200億円をカジノ業者に負担させるのは、カジノ頼みの万博を象徴するものだ。過大需要予測にもとづく巨大夢洲開発は、市民生活を脅かす。

山田明(名古屋市立大学名誉教授:地方財政論)

※大阪市が負担する「夢洲地区の土地造成・基盤整備事業」(出典:平成31年度予算 市長査定ヒアリング資料)。関連事業費のうち会場建設費以外の大阪市負担分として、現時点で明らかになった数字


【経済】

3800億円の「売上」を見込む夢洲カジノ。カジノ・ギャンブルの収益率は7%。3800億円の「売上」を得るにはその14倍5兆円を超えるギャンブル(賭金)が必要です。計画では570億円のカジノ税が大阪府に入りますが,10〜20万人の新たなギャンブル依存症患者が必然的に生まれます。割に合わないのは明白です。

桜田 照雄(阪南大学教授:会計学)


Ø   大阪・関西の自治体・企業・地域の人々に向けて

万博会場は、夢洲と決まったわけではない。

夢洲のポテンシャルを生かし、リスクを避けるためにも、最新の科学的知見に基づいて、冷静に他候補地を検討すべきである。

提案者

特定非営利活動法人AMネット、公益社団法人 大阪自然環境保全協会、どないする大阪の未来ネット、大阪から公害をなくす会、NGOおおさか市民ネットワーク、田結庄良昭(神戸大学名誉教授:地質学)、山田明(名古屋市立大学名誉教授:地方財政論)、桜田 照雄(阪南大学教授:会計学)

賛同者

大阪を知り考える会、他


posted by AMnet at 20:42| 大阪問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする