2015年12月16日

流域を歩く 京街道【淀川の水運とともに 京橋・高麗橋と街道筋商店街の変遷】(11/28)報告

京街道を歩く第3弾。
11/28に、野江・京橋から、京街道の大阪側の起点だった高麗橋まで歩いてきました。
高麗橋は、12あった公儀橋のひとつで、かつてその周辺には豪商の店舗が立ち並び、日本第一の商都・大坂の富が集中する、まさに大坂の心臓部だった場所。大坂は天下の台所として、物流ネットワークの拠点となり淀川水運、太平洋の海運ネットワーク(樽廻船)と日本海の海運ネットワーク(北前船)により栄えていました。NHKの朝のドラマ「あさが来た」は、まさにここが舞台。「あさ」や「はつ」が育った場所を見るのも楽しみです〜。野江の道標.jpg

まずは、野江内代駅を出発。すぐに京街道の道標があります。昔の街道筋を想像しながら古い街並みを抜けると、野江国堂筋商店街。大きな店舗におされてシャッターが下りている店舗も多いですが、長年営業している和菓子屋さんや昭和の香り漂うお店も。以前は同じ通りに「旭国堂筋商店街」もあって栄えていたそうですが、すでに取り壊され、阪急オアシスが営業しています。

そこを抜けて、野江水神社から榎並地蔵へ。このあたりは、昔は榎並川が流れ、水害も多かったため、こうした神社や祠が作られたそうです。今も、地元の方たちに大切に守られています。

野江水神社.jpg   榎並地蔵.JPG

さあ、そろそろ京橋に到着。京橋商店街は、かつての京街道の入り口に立地する、歴史と伝統ある商店街。終戦間際の8/14に空襲を受けて廃墟となり、そこからスタートして現在の商店街を築きました。

京橋中央商店街振興組合の会長さんにお話を伺うことができました。街づくりに欠かせない商店街の存在ですが、最近は大きなスーパーやチェーン店に押されて都会ではすっかり少なくなりました。と思っていたけれど、ここ京橋では地域密着型の商店街をめざして、さまざまなイベントにも力を入れ、また起業してお店を
出す若者たちの支援にも取り組んでいるそうです。商店街を盛り上げて、地域住民みんなが集える街づくりを進める、とってもアクティブなお話に、聞いている側からも質問がいっぱいで、すっかり時間オーバー。会長さん、ありがとうございました〜
京橋商店街.jpg   商店街のお話し.jpg

お昼は、会長さんに教えてもらった美味しいタイ料理。
タイ料理屋さん.jpg

京橋商店街を後に、高麗橋へ。京橋の京阪モール近くに、今も道標が建っています。場所はちょっと移動されたみたい?!ですね。
京橋道標.jpg

途中の野田橋址も見ながら進むと、川べりに川魚市場の碑があります。淀川でとれた川魚を商っていた市場の址で、昔の繁栄がしのばれます。
京橋川魚市場の看板.jpg

車の行きかう大道路を歩いていると、側道を入ったところにいきなり大きな階段が!いよいよ八軒家の船着き場跡。この長くて広い階段は、昔ここまで川が来ていて、荷の積み下ろしをした所だそうです。何の気なしに歩いている街の中に、こういう場所が残っているんですね。八軒家船着き場址.jpg

そして、とうとう高麗橋へ。
すぐ近くには、「あさが来た」の舞台になった天王寺屋さんのことが書かれた説明書きの看板もありました。
高麗橋.jpg
さらに、川の駅「はちけんや」へ。
ここは、最近作られたところで、天満橋からほど近くの淀川べりに建設されています。昔は、豪商たちがこのような場を設けて、淀川の水運を利用し、みごとな物流ネットワークを形成して活気ある街だったことがよくわかります。大阪の繁栄は淀川の水運なくしては語れない、改めて思った一日となりました。
参加くださった皆さん、どうもありがとうございました。はちけんや.jpg

AMネットの「流域を歩く、京街道」の次の企画は、守口あたりを検討中です。
詳細はホームページ、ブログ、フェイスブックなどでお知らせします。
暖かくなってから実施しますので、どうぞご期待くださ〜い。

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 16:48 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

【11/13(金)院内集会開催】TPP交渉に関する情報公開と大筋合意からの撤退を求める院内集会の呼び掛け−このまま進めることは許さない!100 団体を超える市民の声をぶつけよう−ぜひご参加を!

【11/13(金)院内集会開催】
TPP交渉に関する情報公開と
大筋合意からの撤退を求める院内集会の呼び掛け
−このまま進めることは許さない!100 団体を超える市民の声をぶつけよう−



ご存知のように、10月5日TPP閣僚会合においてTPPの“大筋合意”が発表されました。

その後小出しに出される情報は、今まで一言も話されたことのない
多くの農産物の関税撤廃が突然明らかにされました。
“ル−ル”に関する懸念に対しても、条文への言及もないまま“問題ありません”
を繰り返すばかりです。問題の有無を判断するために情報を小出しにせず、
早急に全ての情報を公開し、市民や議員が理解し議論できる状態にすべきです。


「TPP交渉及び審議・検討における透明性」に関する対政府要請への賛同は
113の団体(構成員350万人超)。多くの市民団体、生協、農民団体、労働組合
などから賛同をいただくことが出来ました。

それを受けてTPP政府対策本部と折衝し、要請文提出と面談(渋谷審議官を予定)
を確定。院内集会を開催したいと思います。再度、TPPの交渉に係る充分かつ
意味ある情報公開と検証の機会を政府に求め、訴えるとともに、さまざまな分野で
活動する諸団体の皆さんが今後の運動について広く議論するために、多数の
賛同団体関係者の皆さま、市民の参加を呼びかけます。


■日時:2015年11月13日(金) 15:30〜17:00

■場所:衆議院第1議員会館第3会議室(地下1階)(15時頃から入館証配布)
 (国会議事堂前あるいは永田町駅から。

■参加:無料。申し込みなしでどなたでもご参加いただけます。

■内容:政府要請報告と今後の運動の進め方についての意見交換
@対政府要請賛同署名提出及びTPP政府対策本部面談についての報告
A賛同団体から今後の運動の進め方などについての発言
B国会議員による訴えと国会報告
C会場からの発言、報道関係者質疑応答

■呼掛け団体:市民と政府のTPP 意見交換会・全国実行委員会
実行委員会事務局・連絡先:特定非営利活動法人 AM ネット (担当:武田)
TEL:080-3773-2894 MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp

■私たちの主な政府への要請内容
@協定の署名手続きに入る前に、条文に止まらず、分かり易い概要説明・市民の懸念に対する充分な説明・新たな影
響試算・国や自治体の法律や制度などの変更に伴う国や地域そして市民への影響・取るべき対策、
A全国での誰もが参加出来る政府説明と対話の実施
B広く意見を求めるパブリックコメントの実施
C署名手続き前の国会での情報公開・特別委員会の設置による審議とその交渉過程への反映及び結果の国会への報告
D保秘義務契約廃止の交渉参加各国に対する働きかけ、を求めるものです。
※賛同呼び掛け、対政府要請文、賛同団体一覧
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/2015_06_01_archive.html



<TPP大筋合意を受けて>

10月5日TPP閣僚会合においてTPPの“大筋合意”が発表されました。そして今まで最も情報公開に消極的だった日本政府が、10月5日付けで“TPP概要”を始めとする様々な資料を発表しました。
資料⇒http://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo.html

直前の農産物・自動車に関する日米閣僚協議はたった20分間で終わったと言われ、常識的に考えれば“出来レ−ス”か、あるいは日本政府が本気で“国益を守る”交渉をしないまま、大幅な譲歩をしたとしか思えないものでした。そしてその後小出しに報道される内容、各地で開催された業界などへの説明会においては今まで一言も話されたことのない、多くの農産物の関税撤廃が突然明らかにされ、関係者は驚愕させられている有様です。“ル−ル”に関する懸念に対しても、条文への言及もないまま“問題ありません”を繰り返すばかりです。問題の有無を判断するために情報を小出しにせず、早急に全ての情報を公開し、市民や議員が理解し議論できる状態にすべきです。

最も大切な段階に来て、私たち市民を闇討ちするような形でなされたTPPの大筋合意とその後の政府の対応には怒りを抑えられません。まだまだ多くの情報が明らかにされていないはずです。唯一10月9日にウィキリ−クスが知財に関する最終条文を公開しましたが、それに前後して生物製剤の新薬デ−タ保護期間の曖昧な決着内容を始め、各国の専門家から“大筋合意”に対する多くの疑問・批判が出されています。私たちは政府に「情報公開」を要求するだけでなく、このままでは「“大筋合意”からの撤退」を求めざるを得ません。またこのまま国会での審議・署名・批准を急ぐのであれば、そのことにも反対せざるを得ません。



<広がる情報公開の動き>

“情報公開”に係る私たちの要求は単なるTPP協定の条文の公開ではなく、内容を分かり易く国民と国会に提供をし、意味ある検証の場を広く保障することです。この意味でTPPに対する賛否を問わない立場で“情報公開”を求めて来ました。“情報公開”の要求は、交渉が大詰めに近づくにつれ各国で広がりを見せ、日本では5月15日に「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」により、知る権利を含む憲法上の諸権利侵害に対する提訴がなされ、現在裁判が続いています。そしてニュ−ジ−ランドでも、8月5日高等裁判所に訴状が提出され、更に10月13日には、High Court(裁判制度の詳細が不明なため英語のまま)において、“同国の外交・通商相ティム・グロ−サ−氏の「情報公開拒否発言」は、Official Information Act違反”との判決も出されています。

国会あるいは各党内の議論においても、情報公開を求める声は再三上がっています。また本年に入ってからこれまでに農業関連団体、都道府県議会議長会、全国市町村会、あるいは県内の主要団体を網羅するネットワ−クなどにより180件以上の“情報公開”。“国会決議遵守”の決議が採択され、対政府要請、あるいは街頭行動が行われています。
posted by AMnet at 11:33 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

【11/12(木)開催】『内田聖子TPPアトランタ閣僚会合緊急報告会』〜TPPは「大筋合意」で終わりじゃない!〜@京都

『内田聖子TPPアトランタ閣僚会合緊急報告会』
     〜TPPは「大筋合意」で終わりじゃない!〜

 10月初め、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉が「大筋合意」し、メディアでは歓迎ムードの報道がされています。しかし日本も含め各国 での合意内容の批准手続きや協定を作るのはこれからで、各国から合意内容について異論が噴出しており、TPPが本当に成立するかどうかは不透明な 状況です。にも関わらず、交渉を主導する日本はいち早くTPPに対応するための国内政策に着手し始めています。TPPによる影響について検証なき まま、11月中にはTPP対策が発表されるという異例のスピードで政策が進んでいます。

 TPP交渉が妥結すると農産物や工業製品の関税が下がり価格が下がる一方で、農業や国内産業への影響へ深刻な影響が及ぶ可能性が高いとされてい ます。また交渉では医療や公共サービスそして知的財産権も対象になっており、市民の暮らしに大きな影響が及ぶ可能性があります。       

「大筋合意」されたTPP交渉の中身と現状はどうなっているのか?交渉の現場でロビー活動されてきた内田聖子さんに会合現場の様子や、合意の内容 そして私たちの暮らしへの影響について伺います!

○日時:11月12日(木)18:30〜20:30

○場所:キャンパスプラザ京都・第4講義室
会場地図・アクセス:
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
地下鉄、近鉄、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分。
○参加費:無料
○講師:内田聖子(アジア太平洋資料センター事務局長)
◆内田聖子(うちだ しょうこ)さんのプロフィール:NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長・理事。自由貿易、多国籍企業など の調査研究、政策提言、キャンペーンなどを行う。TPPに関しては国際NGOとして交渉をウォッチ、TPP反対の立場からの発言を行う。 「STOP TPP官邸前アクション」呼びかけ人。TPP交渉ではこれまで6回の会合に足を運んだ。
PARC: http://www.parc-jp.org/ 
個人ブログ:http://uchidashoko.blogspot.jp/ 


主催:食とみどり、水を守る京都会議、全日農京都府総連合会、AMネット
問合せ先:全日農京都(本田) Tel: 0774-63-5555、AMネット(松平)Tel:090−4644-1951
posted by AMnet at 02:19 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

【11/13開催!】緊急学習会『TPP大筋合意?成立まではまだ遠い!』@神戸

【11/13開催!】緊急学習会『TPP大筋合意?成立まではまだ遠い!』@神戸

TPPが大筋合意し、歓迎する報道が多くされています。
実は、協定を作るのはこれから。そして、各国から異論が続出しています。
「大筋合意」は英語にはない表記で、各国さまざまな表現がされています。
日本政府はTPP 成立を見据えた対策を出し始めていますが、本当にTPPが成立するかどうかは不透明です。

秘密交渉とも言われるTPP交渉。 「このままでは市民が賛否を判断できない」と
私たちは政府に対し中立な立場で、「情報公開」と「市民参加」を求めてきました。

大筋合意を受けて、公開された政府資料からは「調整中」がめだつものの、分かったこともたくさんあります。

TPP成立までには、まだまだ遠い道のりがあります。
政府発表や海外情報、今後のスケジュールから見えてくるものは?
TPPの最新情報を含め、私たちへの影響を改めて考えたいと思います。

ぜひご参加ください!

日時: 11/13(金)19:00〜21:00
場所: 神戸市立こうべまちづくり会館 2階ホール
    (元町駅(JR・阪神)西口から西へ10分、みなと元町駅(地下鉄海岸線)西1出口から北へ2分)
    http://www.kobe-machisen.jp/access/

プログラム:
@TPP入門    武田かおり(AMネット)
ATPPの今〜大筋合意を受けて〜 神田浩史(AMネット)
B質疑応答&ディスカッション

参加費: 500円

主催: 「市民と政府のTPP意見交換会・神戸実行委員会」
構成団体(順不同)市民社会フォーラム・公益財団法人PHD協会・NPO法人関西NGO協議会・NPO法人AMネット

【「市民と政府のTPP意見交換会・神戸実行委員会」とは 】
「市民と政府のTPP意見交換会・全国実行委員会」の神戸の実行委員会です。
賛成反対を問わず「情報公開」と「市民参加」を、日本政府に求めて活動する、ゆるやかな全国ネットワークです。
http://tpp-dialogue.blogspot.jp/

問合せ先: 特定非営利活動法人 AMネット
〒 532-0006  大阪市淀川区西三国 2-12-43  自敬寺内
WEB : http://am-net.org/   BLOG : http://am-net.seesaa.net/
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
E-MAIL : amnetosaka 【あっと】 yahoo.co.jp   TEL : 080-3773-2894
※【あっと】を @ に変更してください。
posted by AMnet at 08:53 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

【11/29(日)開催!】流域を歩く 京街道 淀川の水運とともに 京橋・高麗橋と街道筋商店街の変遷

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 
流域を歩く
京街道  淀川の水運とともに  京橋・高麗橋と街道筋商店街の変遷
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

京都・伏見〜大坂間は淀川とその川沿いの「京街道」が主要交通として「伏見」「淀」「枚方」「守口」の
4つの宿場町が発展し、多くの人や物資が行き来する大動脈でした。

大坂側の起点である高麗橋は12あった公儀橋のひとつで、かつてその周辺には豪商の店舗が立ち並び、日本第一の商都・大坂の富が集中する、まさに大坂の心臓部でした。

淀川両岸一覧 天満付近.jpg

大坂は天下の台所として、物流ネットワークの拠点となり淀川水運、太平洋の海運ネットワーク(樽廻船)と日本海の海運ネットワーク(北前船)により栄えていました。ヒト・モノ・カネ・情報が淀川流域を超えて水運ネットワークにより流通するともに、街道沿いには多くの商店が並び、それがやがてアーケード型商店街へと発展していきました.

しかし、この数十年のうちに交通手段の変化や物流ネットワークの世界的規模拡大に従い、「商い」そのものが変化し、それに対応できない商店街が取り残される結果となって現れています。

京橋商店街.jpg

地域やコミュニティが大きく変化しようとしている変わり目で、私たちにとって住みよい「場」について考えてみませんか


◇日時:2015年11月29日(日)10:00〜17:00
    集合場所:地下鉄谷町線 野江内代駅 A出口

◇コース概要:旭国道筋商店街→野江水神社→榎並地蔵→京橋商店街→京橋道標→京橋川魚市場跡碑→八軒家船着き場跡→高麗橋  (小雨決行)

◇定員:15名  (先着順 11 / 22締切)
◇資料代:300円 (AMネット会員200円)
    昼食は京橋商店街を予定しています。各自で負担お願いします。

◇案内人:AMネットスタッフ
◇当日 TEL   080-3773-2894

◇予約(必ずメールでの予約をお願いします)
  E-MAIL : amnetosaka 【あっと】 yahoo.co.jp
  なおフェイスブックでの受付はしておりません。
 解散後、交流会を予定しています。予約するため、事前の参加確認もお願いします。
 
三三三三三三三三三三三三三三
◇主催  特定非営利活動法人 AMネット
〒 532-0006  大阪市淀川区西三国 2-12-43  自敬寺内
WEB : http://am-net.org/   BLOG : http://am-net.seesaa.net/
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
E-MAIL : amnetosaka 【あっと】 yahoo.co.jp   TEL : 080-3773-2894
※【あっと】を @ に変更してください。


posted by AMnet at 15:23 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

【日程変更8/1開催】〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取りの巻〜土とつながる。いのちをおもう。8月1日(土)

みなさま、こんにちは!いつもお世話になっております!
次回田んぼイベント、日程変更になりました。夏の1日、一緒に田んぼで過ごしませんか?ご参加お待ちしております!

〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取りの巻〜
土とつながる。いのちをおもう。8月1日(土)


田植えから約2ヶ月。暑い日々がつづき、夏もまっさかり。

小さくてたよりない苗が、しっかり根を張り大きくなる姿は、頼もしいかぎり。

この時期の生命力バツグンの草とのお付き合い・・・

農薬を使わずにお米を作る人たちにとって、最大の難関であり挑戦です。

「雑草」と呼ぶなんてメッソウモナイしモッタイナイ。
実はほとんどが食べられたり、薬草だったりします。

「ザッソウ」なんて目のカタキにするのって、この社会の都合なんだよなぁ。

と思いつつ、それでもお米はたくさん実ったらウレシイ・・・

そんなジレンマの中、草を引く。でもやっぱり食べられる草はとっておいたり。

おとなが田んぼと草を見つめ、じっくり向き合うその横で、

稲と稲の間を縫うように、「ワニさん」およぎに夢中の小さな人たち。

草取り&田んぼに空気を入れる役割にもなるんです(たぶん)。

子どもたちは楽しいし、田んぼはよろこぶし、一石二鳥。

田打ちぐるまを押して引く作業は本当にシンドイ。

汗だくになって深い山々を見つめ、おいしいお米を想う1日を一緒に過ごしませんか。
シェイプアップ&デトックスというウレシイ副産物付きです。
日頃の毒をデトックスしたいオトナのみなさま、どろんこ大好きっこたち、あつまれ〜!


*日時:2015年8月1日(土f)

*主催: 耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayasiuta
共催:AMネット http://am-net.org/

*会場:京都市右京区京北下黒田町



*内容*

★京都、京北・黒田は京都市内から35kmほどの距離にある、桂川の源流域の自然豊かな山間地です。10年以上農薬不使用の田んぼで「草取り」を名目に、土・泥・草・虫たちとたわむれる一日を過ごします。

★生き物豊富な田んぼなので、手足を泥につけているだけでとても気持ちいいです。草取りで汗を流せばさらにデトックス。田んぼに日頃の毒を吸い取ってもらって、1日の終わりには身も心もすっきり!?

★「草取り」は、無農薬のお米作りの最大の難関。草との攻防を経験すると、「除草剤は仕方ないよなぁ」と思わせられるほどハードな作業です。少し前までは「農家のお嫁さん」のお仕事で、女性泣かせの辛い仕事でした。この作業を体験すると、今まで以上にお米がおいしく、ありがたく感じられるように!?

★ランチは、深い山々をバックに田んぼの畦でいただきます。京北の「里山暮らし」仲間のお山カフェさん特製の、季節のお野菜をふんだんに使った滋養たっぷりのお弁当です。田んぼの中だからこそ格別の味が楽しめます。

★お子さんと一緒のご参加大歓迎です!ばりばり草取りに夢中になるもよし。虫をひたすら追いかけるもよし。食べられる草取りに夢中になるもよし。ただ、お子さんのことを目にかけることのできる大人の方と一緒にご参加くださいね(ベビーシッター等は手配していません)。一緒にどろんこになって、田んぼ周りでたっぷり遊ぶ1日をお過ごしください。





*プログラム(予定)*

8月1日(土)

9:30 耕し歌ふぁーむ集合

10:00-15:00 田んぼで草取り&田んぼや畦であそぶ

(途中1時間ランチ休憩)

16:00 解散予定

*雨天の場合:小雨決行。荒天の場合は中止となります。



*交通手段*

・基本的に現地集合です。車でお越しの方には行き方の詳細を追ってご連絡します。

・JR西日本バス(高雄・京北線)のご利用も可能です。

往路:周山行き・・・JR京都駅7:50発、京北合同庁舎前下車9:09

復路:JR京都駅行き・・・周山16:40発、JR京都駅着18:06

http://www.nishinihonjrbus.co.jp/local_bus/kyoto/
*京北合同庁舎(ウッディ京北)から耕し歌ふぁーむへは車で20分程度です。

*ご予約時に交通手段の欄に「JR西日本バス利用」と明記ください。

人数によって車を手配いたします(相乗りをお願いすることもあります。実費をご請求します)。



*参加費*

おとな(中学生以上): 3,000円(耕し歌ふぁーむ定期便会員さんは2,000円)

(草取り体験料、地元野菜づくしランチおとなサイズ、お茶、おやつ、ボランティア保険代込)

こども(小学生以下): 1,500円

(草取り体験料、地元野菜づくしランチおとなサイズ、お茶、おやつ、ボランティア保険代込)

こども(小学生以下): 1,000円

(草取り体験料、地元野菜づくしランチこどもサイズ、お茶、おやつ、ボランティア保険代込)

乳児(食事・保険不要):  無料

*交通費は含まれていません。

*耕し歌ふぁーむ定期便会員さん割引はおとなのみです。



*お申し込み・質問・お問い合わせ先*

お申し込み期限:7月15日(水)まで

定員:10組まで(定員になり次第締め切ります。先着順ですのでご了承ください。)

お申し込みは、以下をコピーしてご記入の上、メール(tagayasiuta@gmail.com)にてお願いします。



---
件名:「田んぼでいちにち過ごそう〜草取りの巻〜」参加希望

●代表の方の連絡先:(お名前:     )(TEL:      )(携帯:      )(メールアドレス:      )

●参加者 

参加人数:合計  名 

おとな(中学生以上) 名

こども(小学生以下) 名 (おとなランチ 名 こどもランチ 名)

乳児 名

●食事

食事制限(あり・なし) ありの場合具体的にご記入ください:(      )

●交通手段:自家用車・JR西日本バス利用

●参加者のお名前

*保険加入に必要です。全員分ご記入お願いします。(お子さんはご年齢を記載ください)

*0〜1歳のお子さんは保険に加入いただけませんので、お名前とご年齢だけで結構です。

 (お名前:      )(ご住所:             )(TEL;       )(男性・女性)

----

ご参加お待ちしております!


耕し歌ふぁーむ 松平尚也 京都市右京区京北下黒田町 tagayasiuta@gmail.com

Facebook: https://www.facebook.com/tagayasiuta
posted by AMnet at 14:02 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

【6/13(土)開催!】「田んぼで☆本気の草取り☆シェイプアップ&デトックス」のご案内@京都京北「耕し歌ファーム」

AMネット代表理事松平尚也のはたけ、京都京北にある「耕し歌ファーム」でのイベントです。

10年以上無農薬無化学肥料のこの畑。みなさんもぜひ一度訪ねてみてください☆


6/13(土)「田んぼで☆本気の草取り☆シェイプアップ&デトックス」のご案内

田植えから10日ほどたった田んぼ。
まだ頼りない感じの、かわいらしい稲がそよそよ。
あれれれれ?
大事で愛おしい稲たちのそばをよく見てみると、むむむ、もう雑草たちが芽吹いています。


そんな「雑草」*たちを今のうちに押さえるべく、今週末、草取り隊を募集します〜。

草取りでは、田んぼの中で田打ち(田ぐるま:最初の写真)を押しながら、田んぼを縦に横にガンガン進みます。

動作的には、スポーツジムのベンチプレス(合ってます?)に似ています。バストアップになる、と言われている(?)やつです。

田打ちを半日がんばるだけで、ボディの気になる部分がキュっと引き締まる・・・と期待をしてもいいぐらいの運動量。

さらに、からだの節々を鍛えたら「老化」を防いでくれるんじゃないかなーなんて。(近所のじーさまがたの軽い身のこなしは、そんな明るい希望を抱かせてくれます!)

もちろんシェイプアップやアンチエイジング効果も魅力的ですが、何より、澄んだ空気を胸一杯に吸い込みながら、深い山々や小さな生き物に癒やされ、汗をいっぱいかいて、土や虫や微生物と思いっきりなかよしになってリフレッシュ&デトックス。

無農薬でお米をづくるためには必須な、大変な重労働。

少し前まで子どもや女性の仕事で、「いやでいやで仕方がなかった」とおっしゃるのも納得です。農業者の人口が年々減る今、除草剤に頼らざるを得ないのは現実です。

1人では不純な動機でもなけりゃ(二の腕とかおなかまわりとか・・・具体的ですいません)できないぐらいの重労働ですが、みんなで一緒にやれば、田んぼに笑い声が響いて楽しいひとときです。

お米について、日本や世界の農について、あるいは人生について、瞑想しながらもたのしい☆

午前いっぱい草取りしたあとは簡単なランチを食べて解散です。
その後は、京北を満喫してください〜。

おすすめは、近所のかやぶき屋根の古民家で開催予定のBossa Novaライブ。田んぼでデトックスの後は音楽で心も癒やされよう!
ご希望の方は情報をシェアしますのでご一報ください(わたしたちも汗を流した後にライブ聞きに行くつもりです!)。

ご参加希望の方、メールにてご連絡くださいませ。

*日時:2014年6月13日(土)

*主催: 耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayashiuta
  共催:AMネット http://am-net.org/

*会場:京都市右京区京北下黒田町

*参加費:大人1,000円(簡単なランチ付)
       (耕し歌ふぁーむサポーターさん:500円)
       小学生以下300円(簡単なランチ付)
       乳児さん 無料
       (ボランティア保険未加入の方:プラス300円)

*集合:9時、解散:13時

*交通手段
・基本的に現地集合、現地解散です。
・JR西日本バス(高雄・京北線)と京北ふるさとバスでお越しいただくことも可能です。

*小雨決行、大雨中止

*「田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取り編」は7月26日(日)に開催予定です〜。ご予定くださいませ☆

*お申し込み・質問・お問い合わせ先*
お申し込み期限:6月10日(水)中
定員:20名まで(定員になり次第締め切ります。先着順です)
お申し込みは、以下をコピーしてご記入の上、メールにてお願いします。
送付先:tagayasiuta@gmail.com

---
件名:「田んぼで☆本気の草取り」参加希望
●代表の方の連絡先:(お名前:     )(TEL:      )(携帯:      )(メールアドレス:      )
●参加者
参加人数:合計  名
おとな(中学生以上) 名
こども(小学生以下) 名
こども(乳児さん) 名
●食事
食事制限(あり・なし) ありの場合具体的にご記入ください:(      )
●交通手段:自家用車・JR西日本バス利用
●参加者のお名前
*保険加入に必要です。全員分ご記入お願いします。
*0〜1歳のお子さまは保険に加入いただけませんので、お名前だけで結構です。
 (お名前:      )(ご住所:             )(TEL;          )
---

*雑草:ほんとは食べられる草だったりしますが、米の成長にはよろしくないので、人間の都合であえて「雑草」と呼んでいます。


昨年の写真と共に、イベント案内
https://www.facebook.com/tagayasiuta/posts/502446189902496

田植えイベント報告はこちらから
https://www.facebook.com/tagayasiuta/posts/500424270104688
posted by AMnet at 14:06 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

流域を歩く 京街道【伏見宿と十石舟】報告

京街道を歩く第2弾。
観光地で知られる伏見宿を、ちょっとAMネット的な視点で歩いてきました。

案内人は、カッパ研究会の鈴木さん。
水のことなら何でもござれ、毎年のように水に関する本も出版されています。
DSC_2087.JPG
京街道なのに、なんで水の専門家?と思われるかもしれませんが、今日の街あるきもやっぱり水・流域・舟運はキーワード。ご存じのように、美味しい水とお酒で知られる伏見。加えて、秀吉によって港が整備された伏見港は、京都大阪を結ぶ重要な淀川水運ネットワークの中で重要な地位を占めていました。

十石舟

まずは中書島駅を出発し、長建寺で名水の閼伽水を試飲。硬度は70〜80と普通より高いそうですが、飲んでみると柔らかくふくよかで、ぜんぜんくせのない味。さすが名水の一つです。
そこから歩いてすぐ、宇治川派流の十石舟に乗りました。
十石舟は20人乗れば満席という小さな舟です。昔は酒や米の物流に欠かせなかった舟運も、今はトラックなどの陸運に代わってしまいました。十石舟から見る風景は、さわやかな風の中、川沿いの桜や柳の緑が美しくとってもステキ。途中、月桂冠の大倉記念館や坂本竜馬ゆかりの寺田屋を通ります。それにしても、川幅がこんなに狭いんだなあ、と思っていたら、昔はもっと広かったらしい。そして、宇治川との合流地点の三栖閘門へ。DSC_2030.JPG

三栖閘門

豪川と宇治川を結ぶ閘門です。今も現役かと思えるほどきれいな建築ですが、すでに50年も前から稼働していないとか。輸送は川から陸に変わり、船の需要が減ってお役ご免になったそうです。説明員の方の、立て板に水のお話はとっても面白く、閘門の模型も必見です。

月桂冠大倉記念館
黄桜カッパカントリー


いよいよ、酒造りの本場へ。大倉記念館は、昔の酒造りの建物そのまま。酒造りの工程や歴史を知るとともに、利き酒も。やっぱり日本酒は美味しい〜〜
月桂冠には、さかみづ。
黄桜には、伏水。
どちらも、同じくふくよかで優しい味の水でした。違いは、、、よーわからず。。
案内人の鈴木さんによれば、成分や硬度の違いはあっても、水の味は感じる人の感性それぞれ。それぞれが好きな味を楽しめばいいそうです、な〜るほど。
DSC_2082.JPG

御香宮神社

最後は、御香宮(ごこうのみや)神社へ。御香水(ごこうすい)という名水があり、1200年の歴史を誇る由緒正しい大きな敷地の神社です。その大きさと荘厳さも驚きですが、そのすぐ隣には、古い日本建築のキリスト教系の幼稚園が〜。宗教の違いなどなんのその、なんだかほっとするような風景でした。
DSC_2139.JPG
この辺はかつて鳥羽伏見の戦いで激戦のあったところ。近くには、格子戸に当時の弾痕が残っていて、当時の戦闘のすさまじさが肌で感じられました。
DSC_2141.JPG

白菊水

最後は懇親会の会場へ〜。会場の「鳥せい」さんのすぐ横には、今日最後の名水「白菊水」。行きも帰りも、誰かが水を汲んでいて、なかなか空きません。人気の水場なんですね。
DSC_2119.JPG

今回の参加者は、19人!
京都、大阪、神戸、奈良など関西近辺だけでなく、名古屋からの参加者もあり、多彩な楽しいメンバーとなりました。初めて参加の方もあり、それぞれの視点で楽しんでいただけたようです。

資料を準備し、丁寧に説明してくださった鈴木さん、
十石舟の船頭さん、三栖閘門で説明してくださった職員さん、
主催側の不手際を、さらりとかわして楽しみながらご一緒くださった参加者の皆さん、
ありがとうございました!

AMネットの「流域を歩く、京街道」の次の企画は、淀川をもう少し下って、八軒家から京橋口あたりを歩きます。詳細はホームページ、ブログ、フェイスブックなどでお知らせします。
どうぞご期待くださ〜い。

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 23:13 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

都構想で大阪は豊かに? 成長戦略を考える〜ごみ・上下水道の民営化&東京都の特別区ってどんなん?〜 開催報告

※当日の動画はこちらから→http://iwj.co.jp/wj/open/archives/244872
2分〜 開会/6分〜 武田氏/23分〜 鈴木氏/55分〜 奈須氏/1時間25分〜 質疑応答

5月17日(日)は大阪市を解体し、5つの特別区に再編することを柱とする「大阪都構想」の住民投票の投開票日です。最近になってやっとこの問題も全国的な大きなニュースになってきたようですね。
全国にいるAMネットのメンバーですが、大阪や関西がホームタウンのスタッフが多いんです。その関西のスタッフたちも、市議会での維新の議席は過半数ないので「都構想・・ない、ない。」と全く問題外視していました。ところが1月に住民投票が議会で可決するかも?のビックリニュースです。急転直下、慌てふためきました。
その後、いわゆる「大阪都構想」の中にどうも地下鉄と上下水道、ゴミ焼却場の民営化も入れてるらしいとわかってきたのが2月。「どういう事?上水道の民営化は大阪市議会で否決されてるはず?」と疑問を抱きながらも、住民投票まで100日もないにもかかわらずドンドン話は進みました。水道の民営化を長年ウォッチしているAMネットですから、緊急に「時事放談カフェ」のテーマを「大阪都構想」の勉強会に変更することにしました。第1弾は、森裕之教授にお願いし『「大阪都」構想ってなに?どう変わる?』を開催し都構想の基礎を行政学の専門家からお話して頂きました。
http://am-net.seesaa.net/article/417607996.html

当初、第2弾は「ゴミと上下水道の民営化」にテーマを絞って、カフェで開催するつもりで準備をしていました。そこへ4月末に当選されたばかりで大変お疲れのところ、東京の奈須りえ大田区議の方からわざわざ「大阪へ行ける」とのご一報を頂きました。都構想の問題についてかねてから発信され、東京の都区制度にも大変お詳しい区議からお話を伺えるいいチャンスです。これは是非奈須さんから都区制度のお話を聞いてみたい!!直前で急遽テーマを変更しましょう・・・「 緊急企画!都構想で大阪は豊かに?成長戦略を考える
〜ごみ・上下水道の民営化&東京都の特別区ってどんなん?〜大田区議会議員「奈須りえ」さん来阪!」
奈須さんの「市民シンクタンク まちづくりエンパワメント」と共同開催、内容も変更、多くの人に聞いていただきたいので会場も大阪市西区民センターに変更しました。

急に開催場所も変更したので、当日まで人が集まるだろうか内心心配でしたが、5月8日は開演19時前から西区民センターにどんどん来場者が来られ、定員を超えて立ち見がでるほど盛況でした。1週間後と迫った住民投票に向け、大阪市内の関心が高まっていることがうかがえました。

 DSCF2338.JPG

AMネット事務局長の武田による大阪都構想の概要の説明で講演はスタート。
特別区設置協定書の説明パンフレットに沿って、今回の住民投票で市民に問われていること、特別区を設置することで新しく生まれる一部事務組合のこと、税金のことや公営事業の民営化、成長戦略などについてポイントを説明。「どうしてこういうことをしなければならないのか?」会場からは疑問の声や失笑さえ聞こえました。

続いてCASA(地球環境と大気汚染を考える全国市民会議)理事の鈴木靖文さんから、大阪市のごみ処理の現状と大阪市廃止・特別区設置や民営化で起きるであろうことのお話。人口減少をはじめ今後税収増が見込めないといった状況で民営化を進めた場合、委託価格のトラブルや価格上昇、収集停止などさえ起こりかねないといったことが、民営化のシミュレーション研究の説明から始まりました。
その後、危惧されることとして、委託業者の管理・監督がやり切れるのか、ノウハウの継続性や運営の連続性、災害時にどれほどかどうか農家、また今後統合した生活サービスが必要な時代に対応できるのかなど、公営事業にかかわる様々な課題について話されました。
ごみ処理をはじめ、上下水道をはじめとする身近な市民サービスに対して、これまであまり考えてこなかった視点に気づかされました。

次に東京都大田区議の奈須りえさんから特別区とはどういうものか、現在区議として抱えている課題などについてお話を聞きました。大田区では保育園・幼稚園の民営化が進み、すべて民間委託となったが、保育園待機者や特養の待機者は日本一であると。民営化するだけでは何も変わらないという身近なお話からスタート。DSCF2349.JPG
特に特別区と都の間での課題が財源であることを伺い、特別区がいかに自主財源を持つことが難しいかを実感。また新しく設置される自治体である「一部事務組合」の財政がブラックボックス化することが紹介されました。一部事務組合はその設置の在り方や議員が選挙で選ばれないといった問題から、民主的な管理運営ができていないなど、住民の意見を反映させるのが難しいことがわかりました。
実際に区議としてかかわっておられる奈須さんからのお話は具体的かつ詳細で、特別区というものがいかに問題点、課題が多いかが知らされました。

DSCF2351.JPG最後に来場されていた平松邦夫前大阪市長から今回の講演や住民投票に関して挨拶をいただきました。
また同じく来場されていた「大阪都構想はいらない・・・民意の声」代表の浅野秀弥さんにも一声いただきました。
説明パンフレットだけではどのような自治体となっていくのか、私たちの暮らしがどのように変わるのかがわかりにくい協定書。わからないままに賛否のみを問う住民投票自体が果たして公正で民意を反映したものなのかどうか考えさせられました。

DSCF2359.JPG

居酒屋での打ち上げは奈須さん、鈴木さん講師陣と、スタッフ、有志数人と平松元市長も参加してくださいました。有難うございました。(優しいお人柄の出た一枚。)
posted by AMnet at 17:18 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

大田区議会議員「奈須りえ」さん来阪!緊急企画!都構想で大阪は豊かに?成長戦略を考える〜ごみ・上下水道の民営化&東京都の特別区ってどんなん?〜

※会場&企画変更のお詫び※
同日開催予定であった『時事放談カフェ Vol.3』 テーマ『「大阪都」構想と「民営化」〜ごみ、上下水道民営化で新たな財源?〜』を中止、企画変更し、実施いたします。
ご予定いただいていた方は大変申し訳ございません。
cafechange.gif
東京都特別区での現状を奈須りえさんからお聞きします。
「ごみ」「水道」の民営化のお話しも鈴木さんに予定通りお願いしています。
ぜひご参加ください!

■ 緊急企画!
都構想で大阪は豊かに?成長戦略を考える
〜ごみ・上下水道の民営化&東京都の特別区ってどんなん?〜

大田区議会議員「奈須りえ」さん来阪!
…………………‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥………………

「二重行政を解消。コストダウンで新たな財源」
「府市統合のメリットは東京で実証済み」と言われています。

「ごみ」や「水道」は、 「あって当たり前、できて当たり前」なサービス。
すでに「一部事務組合」で運用されている「ごみ」。民営化に向けて「水道」も進んでいます。

東京都の「一部事務組合」「財政調整制度」の現場からのお話。

大阪市に住む私たちの未来が決まる、5月17日「大阪都」構想の住民投票に向けて
大阪都構想の成長戦略で、私たちのくらしがどうなるのか。
現場で活躍するお2人からうかがいます。
cafe0508.pngcafe0508_2.gif
<ゲスト>
鈴木靖文さん((有)ひのでやエコライフ研究所)、CASA(地球環境と大気汚染を考える全国市民会議)理事  
奈須りえさん 東京都大田区議会議員

<進行>
武田かおり(AMネット事務局長)TPP や水道民営化をウォッチ

日時 : 5月8日(金)19:00〜21:00
会場 : 西区民センター 3F第4会議室
  地下鉄千日前線「西長堀」駅F番出口 北へ100m
  http://osaka-nishikumincenter.jp/

参加費:無料(カンパ大歓迎)
参加申し込み不要です。


※会場&企画変更のお詫び※
同日開催予定であった『時事放談カフェ Vol.3』 テーマ『「大阪都」構想と「民営化」〜ごみ、上下水道民営化で新たな財源?〜』を中止、
企画変更し、実施いたします。ご予定いただいていた方は大変申し訳ございません。

主催:NPO法人AMネット
共催:市民シンクタンク まちづくりエンパワメント

お問い合わせ  NPO法人AMネット
〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/

…………………‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥………………
ここまで
posted by AMnet at 01:55 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする