2014年12月24日

「京街道  淀川の水運とともに  東海道五十六次「枚方宿」とくらわんか舟」2014年12月14日  AMネット 石中 英司

 京街道を歩きたい。きっとおもろいことがあると。そんな想いにかられ、街道歩きをライフワークにしている枚方在住の案内人(鷲沢さん)と参加者10名で「京街道・枚方宿」を街歩きしてきました。当日は第2日曜だったので、街道沿いに「五六市」(http://www.gorokuichi.net/)も開催されていました。

 午前は宿場町のはずれに追いやれたかつての遊郭跡の桜新地にある水面回廊(みなもかいろう)を訪ね、そのあと明治18年の大洪水後に造られた堤防の跡地を抜け、淀川の堤防と枚方船着場に向かいました。川沿いは風が強く、こんなに寒くてもかつて人々はこの舟運をどんな想いで利用していたのだろうかと川面を眺めていました。しかしあまりに寒いので、急いで鍵屋資料館に逃げ込んでしまいました。

   鍵屋資料館

 当時のくらわんか舟の様子を再現したビデオが上映されており、口の悪い商人がしたたかに生きていた様子が印象的で、やっぱり大阪やねと納得してしまいました。

 お昼は資料館2Fの大広間で郷土料理の「ごんぼ汁、くらわんか鮨」を頂きました。ここ鍵屋は平成9年(1997)まで料理旅館として営業しており、当時はここに家族で来ることがひとつのあこがれだったようです。

  本陣とコーヒー

 午後はすぐ隣の鍵屋別館を堪能し、五六市のお店が並ぶ街道を東へと進みました。本陣(参勤交代でお殿様が泊る宿)の跡地まで来ると、そこは公園になっており、中華まん、沖縄料理、コーヒーなどのお店が出ていました。

 寒かったので暖かいコーヒーをと思い、順番を並んでいるいと、お客さんごとにどんなコーヒーを飲みたいかいちいち注文を聞いて、それに合わせて8種類ぐらいの豆から適当に少しづつ選んで、その場で豆を挽いてコーヒーを立てていました。ちなみに「香りが高く、心に染みる」コーヒーを注文しました。

 暖かいコーヒーをゆっくりと味わいたかったのですが、3時から淀川資料館で職員の方の講演をお願いしていたので、早々に移動しました。資料館に着くと、「AMネット御一行様」というスクリーンを用意して私たちの到着を待っていてくださいました。到着すると、職員の福田さんからパワーポイントを使って淀川の環境、明治18年の大洪水とその後の治水、くわらんか舟の歴史などわかりやすく説明していただきました。

 京阪・枚方市駅で解散し、そのまま交流会会場の地元のカフェ「カジョ」へ移動しました。ここは案内人の鷲沢さんが常連の店で、店主さんは韓国女優の「チェ・ジュウ」が来日したときの通訳を務めるほど韓国語が堪能な方でした。しかも彼女は、AMネットで「カフェで読み解く社会のしくみ」・連続セミナーを開催した大阪市北区のカフェで働いていたとのことで、驚かされました。

   歩くことは繋がる

 今回の企画で枚方を好きになった方が多かったようです。五六市を最初に企画した地元の雑貨屋店主、こだわりのコーヒーを入れるマスター、枚方の歴史と水運を語ってくれた職員さん、枚方の女性たちを撮り続ける写真家、韓国語の堪能なカフェのオーナーといろんな方と繋がることができました。

 案内人の鷲沢さんそして参加者の皆様どうもありがとうございました。

 AMネットの「流域を歩く、京街道」の次の企画は十石船に乗って水運を巡り、日本酒の街「伏見」を歩く予定です。詳細はホームページ、ブログ、フェイスブックなどでお知らせします。

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 23:59 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

12/14(日)開催!「流域を歩く 京街道 淀川の水運とともに〜東海道五十六次「枚方宿」とくらわんか舟〜」

街歩き講座の案内です。
7月の「安威川流域を歩く」から今回は淀川中流域の枚方周辺を歩きます。

※参考
『歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾『淀川 〜流域を歩く(安威川:現地編)〜』
http://am-net.seesaa.net/article/399804161.html

ぜひご参加ください!

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

流域を歩く
京街道  淀川の水運とともに  東海道五十六次「枚方宿」とくらわんか舟 

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三三三

河川交通は近代になって鉄道、トラックにその地位を奪われるまでは重要な役割を果たしてきました。

京都・伏見〜大坂間も淀川とその川沿いの「京街道」が主要交通として発達し、
「伏見」「淀」「枚方」「守口」の宿場町が発展すると共に、多くの人や物資が行き来する大動脈でした。
江戸末期には1日平均1500人の客 800トンの物資が運ばれていたと言われています。

また淀川は、洪水との闘いの歴史でもあり、治水という視点からも流域を見ていきま す。

今回はその大動脈の中間地点である「枚方宿」と枚方名物「くらわんか舟」の歴史を訪ねます。
淀川流域の過去と現在から見えて来るものは・・・・・?

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

◇日時:2014年12月14日(日)10:00〜17:00
     集合場所:京阪電鉄 枚方公園駅 10:00
◇コース概要:水面廻廊〜明治十八年淀川洪水碑〜市立枚方宿鍵屋資料館〜五六市〜淀川資料館〜宗左の辻

◇定員:15名  
◇資料代:800円 (AMネット会員500円)
◇案内人:鷲沢 徹志さん (枚方在住の街道とカフェをこよなく愛する笛奏者です。)

◇申込先メールアドレス :amnetosaka【あっと】yahoo.co.jp
お名前と当日連絡先を書いてお申し込みください。

※【あっと】を@に変更してください。
※申込み締切は12月7日です。(定員数に達し次第終了させていただきます。)


◇主催  NPO法人AMネット
〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
FB:https://www.facebook.com/amnetosaka
E-MAIL:amnetosaka【あっと】yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
※【あっと】を@に変更してください。
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
posted by AMnet at 00:40 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

11/29(土)開催!TPPとくらしを考えるシンポジウム『今の食、当たり前?〜こどもに残したい未来〜』@大阪

11月29日(土)開催!
AMネットも賛同加入する「ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク」主催イベントです!
大阪の食、農業について改めて考えることのできる貴重な機会です。


=TPPとくらしを考えるシンポジウム=
『今の食、当たり前?〜こどもに残したい未来〜』

スーパーやコンビニに行けば、食べものがたくさん並んでいます。

でもちょっと待ってください。その暮らしは「これからも当たり前」でしょうか?
食料自給率2%の「大阪の食べもの」事情。今、そしてこれからは…?

TPPやアベノミクスの成長戦略は、私たちにいったいどんな影響があるのでしょうか。 今当たり前にある暮らしが、これからどう変わっていくのか。

丹念に現場を見られてきた渡辺先生ならではのお話をしていただきます。


◆日時:11月29日(土)13:30〜16:00(13:00〜開場)

◆会場:国労会館3階大会議室(JR天満駅下車、北側線路沿いに京橋方向へ徒歩3分)

◆講演:「これからどうなる?食と農」
渡辺信夫さん(元立命館大学講師)

◆現場からの報告
1、「がんばってます。大阪・都市農業」
     池嶋 明さん
   (JA大阪中央会 食と農・環境対策部次長)

2、「食卓から考える、私たちのくらし」
   (日本の伝統食を考える会)


★「大阪野菜の直売所」が登場!
大阪市内でなかなか見られない、しかも大阪野菜の直売所です。

12:30〜シンポジウム隣の会場にて。


★シンポジウム始めに「食」クイズあります。
どれだけ知ってる?大阪野菜、食のこと。全問正解者は豪華賞品がもらえるかも♪


★保育あります。
お子さんのお名前・年齢・性別、保護者のお名前・連絡先を記入し、06-6941-5699まで
FAXにてお申し込みください。(1歳以上に限ります。11月14日(金)申込締切


■主催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク
■問合せ・申込先:全大阪消費者団体連絡会 06-6941-3745

<できるだけ事前参加申し込みをお願いします>

o-shoudanren【@】mb8.seikyou.ne.jp ※【】を消して送信ください。
又は、氏名記入の上、FAX06-6941-5699まで。

https://www.facebook.com/events/542561689206403/


posted by AMnet at 10:07 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

AMネット神田も登壇→【10/1水夜開催】ODA(政府開発援助)大綱学習会@京都のご案内

武器輸出三原則の見直し、集団的自衛権の解釈など、日本のこれまでの政策が揺らぐ中、どのようにODA大綱が改定されるのか。

AMネット理事の神田も登壇する学習会が京都で開催されます。ぜひご参加ください!

【10/1水夜開催】ODA(政府開発援助)大綱学習会@京都のご案内
https://www.facebook.com/events/1515802941970633

日本のODA政策の最上位文書であるODA大綱の改定が図られようとしています。ODA大綱は1992年に策定され、その後、2003年の改定を経て、今日に至っています。10年程度での改定をめどとしており、今年3月に岸田外務大臣が改定を表明して以来、外務省の担当者と各種団体との意見交換などが繰り広げられてきました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/kaikaku/taikou_minaoshi/

いよいよ今年年末にかけて政府より改定案が示され、公聴会やパブリック・コメントが実施される運びになります。

その前に、ODA大綱の成り立ちを学習し、これまでの大綱の成果や課題、今回の改定のポイントなどを振り返り、同時に私たち日本社会の一人一人の市民の役割についても考えていきたいと思います。

ODA大綱ってなに?初めて聞いた、という方にもわかりやすく学ぶ場としていきたいと思いますので、ぜひ、ご参加ください!

■と き:2014年10月1日(水) 18:30〜20:30
■ところ:同志社大学 今出川キャンパス 至誠館3階 会議室
    (地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分)
■参加費:無料

■内 容:
@ODA大綱ってなに?
 〜これまでのODA大綱と今回の改定のポイント〜
 神田 浩史 さん
(ODA改革ネットワーク世話人、NPO法人 AMネット理事、元「国際協力に関する有識者会議(外務大臣の諮問機関)」委員)

AODA大綱改定にあたって
 私たちにできること、私たちがやらなければならないこと
 加藤 良太 さん
(関西NGO協議会 提言専門委員、NGO・外務省定期協議会「ODA政策協議会」コーディネーター)

■主 催:ODA改革ネットワーク・関西
posted by AMnet at 12:24 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

9/28(日)開催!〜田んぼでいちにち過ごそう 第3巻 稲刈り編〜 土とつながる。いのちをおもう。@京都京北

〜田んぼでいちにち過ごそう 第3巻 稲刈り編〜
土とつながる。いのちをおもう。
https://www.facebook.com/tagayashiuta/posts/382598831887233

10653799_382597735220676_8011493725839850695_n.jpg

5月末の田植えから約4ヶ月。穂がたわわに実り、収穫の時期を迎えました。
あの小さくてたよりない苗が、豊かな水、太陽、大地のめぐみを受けて大きくなった姿には、毎年感動します。
そして田んぼの稲もまた、水を、とんぼを始めとした小さな虫たちを生み出します。
夏も終わり、秋に向かう今、毎日食べるお米について、お米をめぐる生の循環について、想いを馳せる時期です。
今回のテーマは、「1週間分のお米を収穫してみよう」。毎日食べているお米ですが、どのぐらいの稲を食べているのか、なかなか考える機会がないものです。「これぐらいでお茶碗1杯!」と実際に感じることで、見えてくるものがあるはず。
稲刈りで田んぼと、お米と、虫たちとつながりたい人、ご参加お待ちしています〜!

*日時:2014年9月28日(日)
*主催: 耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayashiuta
AMネット http://am-net.org/
*会場:京都市右京区京北下黒田町

*内容*
★京都、京北・黒田は京都市内から35kmほどの距離にある、桂川の源流域の自然豊かな山間地です。10年以上農薬不使用の耕し歌ふぁーむの田んぼで「稲刈り」を行います。たくさんの方にご参加いただいて、5月に田植え、7月に草取りをした田んぼです。

★今回のテーマは、「1週間分のお米を収穫しよう!」
今、日本の一人あたりの年間のお米の消費量は56.3kg。1ヶ月で4.69 kg。1日150 g、1合ほど、お茶碗2杯ちょっとの計算です。
お茶碗1杯のお米は約3000粒と言われています。お米では約65gです。さて、稲は1株で1500粒ほど。およそ2株でお茶碗1杯です。4株で1日分、28株で1週間分、120株で1ヶ月分です。今回は、1人「1週間分」の稲(28株)を刈ってもらって、稲とお茶碗、田んぼと食卓をつなげる経験をしていただきたいと思います。
お米は収穫後、稲木に干します(はざかけ)。数週間干したあと、およそ10日分、1升(1.5kg)をお送りします(別途関西への送料600円をいただきます。おすそわけ定期便ご利用の方は一緒にお送りしますので不要です)

★ランチは、季節の野菜づくしのお弁当を、深い山々をバックに田んぼでいただきます。京北の農仲間の@お山カフェさんのからだが喜ぶお弁当です。1日たっぷり田んぼに大地の生き物にふれ合った後は、これまた田畑の恵みを使ったちょっとしたスウィーツをいただきます。

★お子さんと一緒のご参加大歓迎です!ばりばり稲刈りに夢中になるもよし。虫をひたすら追いかけるもよし。食べられる稲刈りに夢中になるもよし。ただ、1人1週間分の稲は刈ってみてくださいね。また、お子さんのことを目にかけることのできる大人の方と一緒にご参加ください(ベビーシッター等は手配していません)。一緒にどろんこになって、田んぼ周りでたっぷり遊ぶ1日をお過ごしください。
★Patagonia京都支社の「Voice Your Choiceプログラム」の助成を受けています。

*プログラム(予定)*
9月28日(日)
9:30 耕し歌ふぁーむ集合
10:00-15:00 田んぼで稲刈り&田んぼや畦であそぶ
(途中1時間ランチ休憩)
16:00 解散予定
*雨天の場合:小雨決行。荒天の場合は中止となります。

*交通手段*
・基本的に現地集合です。車でお越しの方には行き方の詳細を追ってご連絡します。
・JR西日本バス(高雄・京北線)のご利用も可能です。
往路:周山行き・・・JR京都駅7:50発、京北合同庁舎前下車9:09
復路:JR京都駅行き・・・周山16:40発、JR京都駅着18:06
http://www.nishinihonjrbus.co.jp/local_bus/kyoto/
ウッディ京北と耕し歌ふぁーむは車で20分程度です。
ご予約時に交通手段の欄に「JR西日本バス利用」と明記ください。
人数によって車を手配いたします(実費をご請求します)。

*参加費*
おとな(中学生以上): 3,000円(耕し歌ふぁーむ定期便サポーターさん、AMネット会員さんは、2,000円)
(稲刈り体験料、地元野菜づくしランチ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代、後日発送の新米1升)
こども(小学生): 1,500円
(稲刈り体験料、地元野菜づくしランチ大人分、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代)
こども(小学生): 1,000円
(稲刈り体験料、地元野菜づくしランチ子ども分、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代)
こども(小学生未満): 1,000円
(稲刈り体験料、地元野菜づくしランチ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代)
乳児(食事不要):  無料
*交通費は含まれていません。
*サポーターさん、会員さん割引はおとなのみです。

*お申し込み・質問・お問い合わせ先*
お申し込み期限:9月20日(土)まで
定員:20名まで(定員になり次第締め切ります。先着順です)
お申し込みは、以下をコピーしてご記入の上、メールにてお願いします。

---
件名:「田んぼでいちにち過ごそう〜稲刈りの巻〜」参加希望
●代表の方の連絡先:(お名前:        )(TEL:        )(携帯:         )
(メールアドレス:     )
●参加者
参加人数:合計  名
おとな(中学生以上) 名 (耕し歌ふぁーむサポーター or AMネット会員)
こども(小学生) 名 ランチ(大人・子ども)
こども(小学生未満) 名
こども(乳児) 名
●食事
食事制限(あり・なし) ありの場合具体的にご記入ください:(      )
●交通手段:自家用車・JR西日本バス利用
●参加者全員のお名前、ご住所、性別、年齢
*保険加入に必要です。全員分ご記入お願いします。
*0〜1歳のお子さまは保険に加入いただけませんので、お名前だけで結構です。
 (お名前:      )(ご住所:             )(TEL;          )
---

ご参加お待ちしております!

耕し歌ふぁーむ 松平尚也 京都市右京区京北下黒田町 tagayashiuta@gmail.com
Facebook: https://www.facebook.com/tagayashiuta
posted by AMnet at 23:11 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾 『淀川 〜流域を歩く(安威川:現地編)〜』

歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾
『淀川 〜流域を歩く(安威川:現地編)〜』
― お待ちかね! 7/12に、いよいよ現地を訪ねます ―


川の流域って考えてみたことがありますか?
どうして今、流域なんでしょうか?

急速に変わってきた私たちの暮らし、
ますます曲がって進んでいきそうな、私たちの社会。

そんな世の中だからこそ、
昔は身近にあった川や、それを上手に利用してきた先輩たちの暮らしを、
じっくりと見直してみませんか?

第1弾は、北摂を流れる淀川支流の安威川をさかのぼり、
流域地図を作りながら歩きます。
安威川下流安威川下流

なが〜く続く淀川は、その支流がいくつもの「川」に分かれています。
その中でも安威川は、源流から河口まで、暮らしや歴史をコンパクトに
見ることができる、絶好の川です。
安威川上流の棚田上流に広がる棚田

権内(深山)水路棚田の間を流れる、昔から続く権内(深山)水路

おまけに、茨木市の都会から、すぐすぐ近く。
下見に行ってホントにびっくり、
「大阪から1時間のところに、こんな場所があったとは!」と、
驚きの声があがっています。

5月の講座編に続き、いよいよ現地を訪ねる<現地編>。
めったにない貴重な機会です。
講座編に参加できなかった方も、大歓迎。
ご一緒に、川から地域の未来を考えてみませんか?

おそばやさん(いし田)お昼は、田舎家のおそばやさんで。

第1弾:安威川(あいがわ)<淀川の支流:北摂地域>

<講座編>「流域地図を作ろう」 
 5月16日(金)終了

<現地編>「流域を歩いてみよう」 現地を歩いて流域地図を完成します
 ■日時: 7月12日(土)10:00〜17:00(小雨決行)
 ■集合: JR茨木駅(詳細な場所は後日発表)
 ■内容: 10:00〜15:00 車で安威川流域をめぐり、ポイントで下車&説明。
      15:30〜17:00 安威川流域地図の作成(茨木市内の会場)
 *案内人:神田浩史さん
 ■参加費:3,000円(昼食別)(講座編に参加された方は、2,500円)
 ★要申込み:7/5まで。
  車の準備が必要なため、1週間前に締め切ります。定員17名(先着順)

◇申し込み・問合せ先:NPO法人AMネット
 *1)〜3)を記入の上、メールでお申込みをお願いします。
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp
  1)お名前(あれば所属) 2)メールアドレス 
  3)参加日(5/16・7/12の両日、5/16のみ、7/12のみ) 

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 11:15 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

7/21(月・休)開催!〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取り編〜土とつながる。いのちをおもう。@京都京北耕し歌ふぁーむ

〜田んぼでいちにち過ごそう 第2巻 草取り編〜

土とつながる。いのちをおもう。



田植えから約2ヶ月。暑い日々がつづき、夏もまっさかり。

あの小さくてたよりない苗が、しっかり根を張り大きくなる姿は、頼もしいかぎり。

この時期、農薬を使わずにお米を作る人たちにとって、最大の難関であり挑戦は、

生命力バツグンの草とのお付き合い。

「雑草」と呼ぶなんてメッソウモナイしモッタイナイ。
実はほとんどが食べられたり、少し前まで薬草だった草だったりします。

「ザッソウ」なんて目のカタキにするのって、この社会の都合なんだよなぁ。

と思いつつ、それでもお米はたくさん実ったらウレシイ・・・

そんなジレンマの中、草を引く。でもやっぱり食べられる草はとっておいたり。

おとなが田んぼと草を見つめ、じっくり向き合うその横で、

稲と稲の間を縫うように、「ワニさん」およぎに夢中の小さな人たち。

草取り&田んぼに空気を入れる役割にもなるんです(たぶん)。

子どもたちは楽しいし、田んぼはよろこぶし、一石二鳥。

草取りで汗をながしたい人、田んぼで泳ぎたいどろんこっ子、あつまれ〜!



*日時:2014年7月21日(月・休)

*主催: 耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayashiuta

AMネット http://am-net.org/

*会場:京都市右京区京北下黒田町



*内容*

★京都、京北・黒田は京都市内から35kmほどの距離にある、桂川の源流域の自然豊かな山間地です。10年以上農薬不使用の耕し歌ふぁーむの田んぼで「草取り」を名目に、土・泥・草・虫たちとたわむれる一日を過ごします。


★生き物豊富な田んぼなので、手足を泥につけているだけでとても気持ちいいです(デトックス効果)。草取りで汗を流せばさらにデトックス。田んぼに日頃の毒を吸い取ってもらって、1日の終わりには身も心もすっきり!?

★「草取り」は、無農薬のお米作りの最大の難関。草との攻防を経験すると、「除草剤は仕方ないよなぁ」と思わせられるほどハードな作業です。少し前までは、「農家のお嫁さん」のお仕事で、女性泣かせの辛い仕事でした。この作業を体験すると、今まで以上にお米がおいしく、ありがたく感じられるように!?

★ランチは、耕し歌ふぁーむの野菜づくしの自家製ピザとおむすび(予定)です。深い山々をバックに田んぼの畦でいただきます。1日たっぷり田んぼに大地の生き物にふれ合った後は、これまた田畑の恵みを使ったちょっとしたスウィーツをいただきます。

★お子さんと一緒のご参加大歓迎です!ばりばり草取りに夢中になるもよし。虫をひたすら追いかけるもよし。食べられる草取りに夢中になるもよし。ただ、お子さんのことを目にかけることのできる大人の方と一緒にご参加くださいね(ベビーシッター等は手配していません)。一緒にどろんこになって、田んぼ周りでたっぷり遊ぶ1日をお過ごしください。

★Patagonia京都支社の「Voice Your Choiceプログラム」の助成を受けています。



*プログラム(予定)*

7月21日(月・休)

9:30 耕し歌ふぁーむ集合

10:00-15:00 田んぼで草取り&田んぼや畦であそぶ

(途中1時間ランチ休憩)

16:00 解散予定

*雨天の場合:小雨決行。荒天の場合は中止となります。



*交通手段*

・基本的に現地集合です。車でお越しの方には行き方の詳細を追ってご連絡します。

・JR西日本バス(高雄・京北線)のご利用も可能です。

往路:周山行き・・・JR京都駅7:50発、京北合同庁舎前下車9:09

復路:JR京都駅行き・・・周山16:40発、JR京都駅着18:06

http://www.nishinihonjrbus.co.jp/local_bus/kyoto/
ウッディ京北と耕し歌ふぁーむは車で20分程度です。

ご予約時に交通手段の欄に「JR西日本バス利用」と明記ください。

人数によって車を手配いたします(実費をご請求します)。



*参加費*

おとな(中学生以上): 3,000円(耕し歌ふぁーむ定期便サポーターさん、AMネット会員さんは、2,000円)

(草取り体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生): 1,000円

(草取り体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生未満): 500円

(田植え体験料、地元野菜づくしピザ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

乳児(食事不要):  無料

*交通費は含まれていません。

posted by AMnet at 00:03 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

5/31開催!〜田んぼでいちにち過ごそう〜土とつながる。いのちをおもう。土に直接足を入れて大地をふみしめるー@京都

〜田んぼでいちにち過ごそう〜
 土とつながる。いのちをおもう。
  土に直接足を入れて大地をふみしめるー

最初はだれもが、おっかなびっくり、どきどきで「そ〜」っと足をふみいれます

でも土とつながるきもちよさに、からだもこころもリラックス
ひごろのストレスが吸い取られ、あたたかい大地にからだをあずける感覚はサイコーです

田植えは、「稲さんの嫁入り」とも呼ばれる、農家の一大イベント
お米からお米ができるーそんなめぐみやいのちの循環について思いを馳せるもよし

ただただ、デトックス効果を満喫するもよし

隣になった人と、山間地や農業の「モンダイ」について熱く語るもよし
モチロン、ただ田植えをしてみたい!というのもアリです

豊かな自然の中で、少し遅い初夏を満喫し、田んぼでいちにちを過ごしませんか


*主催:
耕し歌ふぁーむ https://www.facebook.com/tagayashiuta
AMネット http://am-net.org/

*会場:京都市右京区京北下黒田町

*内容*

★京都、京北・黒田は京都市内から35kmほどの距離にある、桂川の源流域の自然豊かな山間地です。
10年以上農薬不使用の耕し歌ふぁーむの田んぼで手植えをします。
植えていただく苗は自家製です。土と、泥とたわむれる1日を過ごします。

★生き物豊富な田んぼなので、手足を泥につけているだけでとても気持ちいいです(デトックス効果)。
田植えで汗をかけばさらにデトックス。
田んぼに日頃の毒を吸い取ってもらって、1日の終わりには身も心もすっきり!?

★ランチは、耕し歌ふぁーむの野菜や地元の野菜づくしの手作りお弁当です。
深い山々をバックに田んぼの畦でいただきます。
作っていただくのは京北の「里山暮らし」仲間です。
季節のお野菜をふんだんに使った滋養たっぷりのお弁当は、大地と格闘した後だからこそ格別の味が楽しめます。

★1日たっぷり田んぼに大地の生き物にふれ合った後は、ほっこりする時間。
これまた田畑の恵みを使ったちょっとしたスウィーツをいただきながら、感想やコメントを参加者で共有します。
「おこめづくりのココってどうなってるの?」というぶっちゃけ質問&トークもアリかも。

★お子さんと一緒のご参加大歓迎です!ばりばり田植えにはまるもよし。虫をひたすら追いかけるもよし。
食べられる草取りに夢中になるもよし。
ただ、お子さんのことを目にかけることのできる大人の方と一緒にご参加くださいね(ベビーシッター等は手配していません)。
一緒にどろんこになって、田んぼ周りでたっぷり遊ぶ1日をお過ごしください。

★Patagonia京都支社の「Voice Your Choiceプログラム」の助成を受けています。

*プログラム(予定)*

5月31日(土)

9:30 耕し歌ふぁーむ集合

10:00-15:00 田植え&田んぼや畦であそぶ

(途中1時間ランチ休憩)

16:00 解散予定

*雨天の場合:小雨決行。大雨の場合は翌日6月1日(日)に延期か中止となります。


*交通手段*

・基本的に現地集合です。車でお越しの方には行き方の詳細を追ってご連絡します。

・JR西日本バス(高雄・京北線)のご利用も可能です。

往路:周山行き・・・JR京都駅7:50発、京北合同庁舎前下車9:09

復路:JR京都駅行き・・・周山16:40発、JR京都駅着18:06

http://www.nishinihonjrbus.co.jp/local_bus/kyoto/
ウッディ京北と耕し歌ふぁーむは車で20分程度です。

ご予約時に交通手段の欄に「JR西日本バス利用」と明記ください。

人数によって車を手配いたします(実費をご請求します)。



*参加費*

おとな(中学生以上): 3,000円(耕し歌ふぁーむ定期便サポーターさん、AMネット会員さんは、2,000円)

(田植え体験料、地元野菜づくしランチおとなサイズ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生以下): 1,500円

(田植え体験料、地元野菜づくしランチおとなサイズ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生以下): 1,000円

(田植え体験料、地元野菜づくしランチこどもサイズ、お茶、スウィーツ、ボランティア保険代込)

こども(小学生未満でランチ・スウィーツ、保険ともに不要な場合):無料

*交通費は含まれていません。
*サポーターさん、会員さん割引はおとなのみです。
*ボランティア保険は、3〜4歳ぐらいの「お手伝い」が可能なお子さんぐらいから加入できるそうです。


*お申し込み・質問・お問い合わせ先*

お申し込み期限:5月16日(金)まで
定員:20名まで(定員になり次第締め切ります。先着順です)

お申し込みは、以下をコピーしてご記入の上、末尾のメールまでお願いします。

---
件名:「田んぼでいちにち過ごそう」参加希望

●代表の方の連絡先:
(お名前:        )(TEL:        )(携帯:         )
(メールアドレス:     )

●参加者
参加人数:合計  名
おとな(中学生含む) 名 (耕し歌ふぁーむサポーター or AMネット会員)
こども(小学生以下・ランチおとな) 名
こども(小学生以下・ランチこども) 名
こども(小学生未満・ランチ等不要) 名

●食事

食事制限(あり・なし) ありの場合具体的にご記入ください:(      )
●交通手段:自家用車・JR西日本バス利用
●参加者のお名前
*保険加入に必要です。全員分ご記入お願いします。
*1〜2歳のお子さまは保険に加入いただけませんので、お名前だけで結構です。
 (お名前:      )(ご住所:             )(TEL;          )

---

ご参加お待ちしております!

耕し歌ふぁーむ

松平尚也・山本奈美 tagayashiuta【@】gmail.com
※【】を消してください。

Facebook: https://www.facebook.com/tagayashiuta田んぼをまるごと体感する_ちらし.pdf

posted by AMnet at 22:01 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

5/16(金)開催!歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾 『淀川 〜流域を歩く(安威川編)〜』

歩いて学ぼう 〜地域再発見〜 シリーズ第1弾
『淀川 〜流域を歩く(安威川編)〜』

川の流域って考えてみたことがありますか?
どうして今、流域なんでしょうか?

急速に変わってきた私たちの暮らし、
ますます曲がって進んでいきそうな、私たちの社会。

そんな世の中だからこそ、
昔は身近にあった川や、それを上手に利用してきた先輩たちの暮らしを、
じっくりと見直してみては?

第1弾は、北摂を流れる淀川支流の安威川をさかのぼり、
流域地図を作りながら歩きます。

安威川なんてあんまり知らな〜い、というあなた!
実は私もそうでした、、
でもね、
下見メンバーの話を聞き、神田講師の事前説明を聞いて、
絶対に行きたくなりました!

なが〜く続く淀川は、その支流がいくつもの「川」に分かれています。
その中でも安威川は、源流から河口まで、暮らしや歴史をコンパクトに
見ることができる、絶好の川です。

おまけに、茨木市の都会から、すぐすぐ近く。
下見に行ったメンバーからは、
「大阪の都会から1〜2時間のところに、こんな場所があったとは!」と、
一様に驚きの声があがっています。

楽しみながらじっくり学ぶ、講座と現地の全2回。
めったにない、貴重な機会です。
ご一緒に、川から地域の未来を考えてみませんか?

第1弾:安威川(あいがわ)<淀川の支流:北摂地域>

<講座編>「流域地図を作ろう」 流域地図の基本を学びます
 ■日時: 5月16日(金)18:30〜20:30
 ■場所: 市民交流センターひがしよどがわ(JR新大阪駅東口から徒歩4分)
     http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000064684.html
 ■内容: 
 *案内人:神田浩史さん(NPO法人AMネット理事)
  (全国各地で地域づくり、環境・水・川などに関する講演を行うかたわら、
   揖斐川流域の地域づくりや多文化共生社会の実現などにかかわる。)
 ■資料代:1,000円
 ★要申込み:5/14まで。
  定員数20名が集まり次第終了します(先着順)

<現地編>「流域を歩いてみよう」 現地を歩いて流域地図を完成します
 ■日時: 7月12日(土)10:00〜17:00
 ■集合: 新大阪駅(詳細な場所は後日発表)
 ■内容: 10:00〜15:00 車で安威川流域をめぐり、ポイントで下車&説明。
      15:30〜17:00 振り返り(市民交流センターひがしよどがわ)
 *案内人:神田浩史さん
 ■参加費:3,000円(昼食別)(講座編・現地編とも参加の場合は、参加費の割引あり)
 ★要申込み:7/5まで。
  車の準備が必要なため、1週間前に締め切ります。定員数20名(先着順)

※両日参加いただけると、理解も楽しみも深まります。
 ご都合がつかない場合は、どちらか一日だけのご参加も受け付けます。

◇申し込み・問合せ先:NPO法人AMネット
 *1)〜3)を記入の上、メールでお申込みをお願いします。
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp
  1)お名前(あれば所属) 2)メールアドレス 
  3)参加日(5/16・7/12の両日、5/16のみ、7/12のみ) 

◇主催:NPO法人AMネット
 〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
 E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
 FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
 WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/
posted by AMnet at 18:07 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

4・18『恒例の大放談!! 色平哲郎:佐久総合病院・医師× 神田浩史:AMネット・噺屋』@かぜのね京都

☆★☆★☆ 多目的カフェかぜのね@京都 で語らう じっくり企画 ☆★☆★☆

『恒例の大放談!! 色平哲郎(佐久総合病院・医師) × 神田浩史(AMネット・噺屋) 』

 ========☆☆ ========☆☆ ========☆☆

オバマ大統領の訪日を直前に控えて、TPPを巡る日米協議にも何やらきな臭い動きが。
これまで、それぞれの立場でTPPを分析してきた2人が、縦横に語ります。

TPPだけでなく、世界の大きな潮流と日本が置かれた立場や、日本の地域社会の現状、
そして、TPPに左右されない私たちの選択は?、などなど。

ぜひ!お聴き逃しなく!


■と き:2014年4月18日(金) 19:00〜21:00
■ところ:多目的カフェ かぜのね
    京都市左京区田中下柳町7-2(京阪電車出町柳駅6番出口から徒歩1分)
    http://www.kazenone.org/

■参加費:500円
※定員30名のため、メールで事前申し込みいただけると大変助かります。

■問い合わせ&お申込み先

NPO法人AMネット
〒532-0006 大阪市淀川区西三国2-12-43 自敬寺内
E-MAIL:amnetosaka@yahoo.co.jp TEL:080-3773-2894
FB: https://www.facebook.com/amnetosaka
WEB:http://am-net.org/ BLOG:http://am-net.seesaa.net/

ここまで
posted by AMnet at 20:27 | TrackBack(0) | AMネット主催イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする