2009年03月26日

トルコ政府、イスタンブール世界水フォーラム開催で、水の民営化を促進


オリビエ・フーデマン、オルサン・セナルプ
2008年5月23日

2009年3月に世界水フォーラムを主催するトルコ政府は、おそらく今までのフォーラム開催国の中で一番、水の私営化推進政策を掲げている政府ではないだろうか。同国政府の計画では、水道サービスの私営化だけでなく、河川や湖の民営化も対象に上っている。先月イスタンブールで開催された会議で、トルコの社会運動団体の数々が、トルコ政府が世界水フォーラムを利用して大きく物議を醸し出す計画を推し進めようとしているのではないか、という懸念を表明した。

3年ごとに開催されてきた世界水フォーラムだが、これまでのフォーラムは市民社会から大きな反発を受けてきた。世界の水問題の解決方法を議論する場として不適切であり、合法的な資格を持たないことがその理由だ 。フォーラムは、民間シンクタンクであり世界銀行やグローバル水企業との密接なつながりが指摘されている、世界水会議によって仕切られている。こういった批判の声は、2009年3月に開催される次回フォーラムが近づくにつれ、さらに強くなってきている。主催国政府の私営化志向があまりにも強烈だからだ。

続きを読む
posted by AMnet at 00:00| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

20ヶ国以上が「水は人権」に同意

「水は人権」を閣僚宣言に加えるか、加えないか。
結果的に「加えない」が選択され、「水はニーズである」と記載されるにとどまりました。一見、第4回世界水フォーラム(メキシコ)と結果は同じですが、内容は大きく異なります。「水は人権である」との表明を拒絶し、「水はニーズである」に留めておきたい動きに対し、反対の立場を表明する政府代表の声は、前回よりも明らかに大きく響いているようです。

閣僚宣言に記載しないのなら、「補足閣僚宣言」を発表しようというウルグアイ政府の呼びかけに中南米諸国が同調し、その結果、20ヶ国を超える国々が、「補足閣僚宣言」に署名しました。

その一覧は、以下で(アルファベット順)、この数は増えている、とのことです。

Bangladesh(バングラデシュ)
Benin (ベニン)
Bolivia (ボリビア)
Chad (チャド)
Chile (チリ)
Cuba (キューバ)
Ecuador (エクアドル)
Ethiopia (エチオピア)
Guatemala (グアテマラ)
Honduras (ホンジュラス)
Morocco (モロッコ)
Namibia (ナミビア)
Niger (ニジェール)
Panama (パナマ)
Paraguay (パラグアイ)
South Africa (南アフリカ)
Spain (スペイン)
Sri Lanka (スリランカ)
Uruguay (ウルグアイ)
Venezuela (ベネズエラ)

このほかにスイスが、同調してはいるが、正式な署名には数ヶ月かかる、と表明しています。

続きを読む
posted by namy_y at 12:07| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

イスタンブールより(8)「国連総会議長のメッセージ」

国連総会議長のミゲル・デスコト・ブロックマン氏が発表した世界水フォーラムへのメッセージの翻訳を掲載します。昨年、水問題のアドバイザーに就任したモード・バーロウ氏によって発表されました。

原文はこちら

(翻訳:AH)

--------------

世界水フォーラムへ:モード・バーロウ(水問題アドバイザー)による発表

2009年3月19日 イスタンブール

友人たち、すべての姉妹兄弟たちへ

 私の水問題アドバイザーであるモード・バーロウ氏を通じて世界水フォーラムに対しメッセージを送ることができ、大変嬉しく思います。この世界で水問題を提唱する最も大きな集まりに対して温かい声援を送ります。私は、世界水会議の制度や意思決定過程に懸念を抱いており、世界中を覆う水危機という決定的な問題に対する我々の協力関係を拡大する新たな方法を見つけ出すことに希望を抱いています。

 多くの人がご存知のように、私は、第63回国連総会において、すべての人が水へのアクセスを持つことを議長就任期間中の最優先課題にしました。私の懸念は、1997年に始まった世界水フォーラムに対して、初めて国連総会議長がメッセージを出すという行動を起こさせました。グローバルな水危機にさらされている時代において、国連総会は「生命のための水」という国際的な行動の10年(2005〜2015年)という目標に向かって、可能な限り前進することを加盟国に対して求めました。これは2003年に提唱されています。

 国連が定める10年の最初の目標は、2015年までに水と水に関連する課題に対し国際的な貢献を行なう努力を推進するということです。これは、2015年までに安全な飲料水へのアクセスを欠く人々を半減させるというミレニアム開発目標や、水資源の持続不可能な形での浪費することを阻止する、などです。国連はこれらの目標を達成するための強力なパートナーシップを求めています。
続きを読む
posted by AMnet at 22:26| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブールより(7)「人々の水フォーラム宣言2009」

21日にお伝えした「人々の水宣言2009」の翻訳を掲載します。

-------------------

イスタンブール 2009年3月19日

水の公正を求めるグローバルな運動における重要なステップであった2006年のメキシコシティを経て、我々は世界水フォーラムに異議を唱えるためにイスタンブールに集結した。我々は、企業主導の誤った世界水フォーラムの正当性を解体し、グローバルな水の公正を求める運動のポジティブな課題に関する声を挙げるためにこの地にやって来た。

続きを読む
posted by AMnet at 15:44| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

イスタンブールより(6)「もう一つの水フォーラム」

090321 - AlternativeForum

3月21日(土)10:00〜17:00
もう一つの水フォーラム「トルコおよび世界の水政治」


イスタンブールに集結した市民たちが世界水フォーラムと並行して開催した「もう一つの水フォーラム」に参加しました。

上に掲載した写真は、トルコのハサンキエフ(Hasankeyf')という町を流れるチグリス川に建設されているダム・プロジェクトがいかに環境を破壊しているか、人権侵害や水資源の商品化を引き起こしているか、といったトルコ国内の水問題を切り口に、世界水フォーラムがこのような声を排除して非民主的な運営を続けていることを批判するオープニング・セッションの様子です。

ここには戦略ミーティングに参加している市民・NGO・労働組合に加えて、ジャーナリストも多数参加しており、私も参加者としての感想を述べるインタビューを受けました。

090321 - AlternativeForum2

(AH)
posted by AMnet at 22:20| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「水は人権」か「ニーズ」か。

これまでの水フォーラムでも争点になってきた、「水は人権」か「ニーズ」か。国連「世界水の日」に最終日を迎える世界水フォーラムで、再び議論に火がついています。

高まる住民運動の末にプログレッシブな政権が次々と誕生している中南米諸国ですが、それらの国々は「水は人権である」ことを閣僚宣言に文言として加えるよう、水フォーラム開催に先立って、諸外国政府に対して外向的に働きかけてきていました。

これに対して「水は・・・基本的な人々のニーズである」と表明している代表格がフランス。AFP通信社は自国の姿勢を、「水は人権である」と断言したエクアドル水省大臣と対比させました。
第4回水フォーラムでも、ボリビア政府の強い働きかけにも関わらず、メキシコ、英国、オランダ、フランス、米国からの政府代表からの強い反対にあった結果、最終閣僚宣言では、「水は人権」が除外されています。前回のホスト国であるメキシコは、「北の大国」の圧力に反対を表明したと推測されていますが、今回は「他の中南米諸国のように、水の人権を支持したい」とEFE通信社のインタビューで表明。「水サービスにはコストがかかる、ということも明記するのなら、水は人権を支持したい」という条件付きでとのことですが、それでも前回のフォーラム時に大きくなった、人々のムーブメントのうねりの影響を受けていることが明白です。
続きを読む
posted by AMnet at 13:38| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人々の水フォーラム宣言2009」の発表

世界水フォーラムでは、グローバル水企業の影響を色濃く受けており、いのちに必要な水が利益を生み出す「商品」として扱われてきたこと、民間シンクタンク主催なのにもかかわらず、世界の水政策に大きく影響を与えている閣僚宣言が出されること、などが批判されてきました。また、水政策に一番大きく影響を受ける人々の参加が限られていることも、批判にさらされる大きな原因のひとつです。

それに対抗する形で、人々の水フォーラム宣言が20日に発表されました。

そこでは、「水」を多国籍企業に売りさばこうとしている、ホスト国であるトルコ政府の姿勢を批判し、世界水フォーラムの非正当性を明らかにし、国連といった「正当性のある」国際機関による開催が要求されています。

続きを読む
posted by AMnet at 13:30| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブールより(5) 市民による戦略ミーティング

Strategy Meeting.png

イスタンブールに集まったNGO、労働組合、市民団体、研究者たちは毎晩戦略ミーティングを開いています。

その日の活動の振り返りや世界水フォーラムのセッションに参加したメンバーからどのようなことが話し合われたのか、翌日の行動の確認などがなされます。実はこのブログも戦略ミーティングの最中に更新しています。

ここ数日間の焦点は、世界水フォーラムの閣僚宣言に「水は人権である」ことが盛り込まれるかどうか、ということでした。自国代表とコンタクトを取っている参加者から「どうやら盛り込まれることはなさそう」という情報があり、それならばボリビアやウルグアイ政府が中心となって発表しようとしている「補完的閣僚宣言」(complementary ministerial declaration)にできるだけ多くの政府を賛同させるよう働きかけるべきだ、との意見がでました。現時点ではラテンアメリカ諸国を中心に10カ国が賛同しているようです。

世界水フォーラムは世界水会議によって開催されている「私的な会議」であり、その正当性はなんら保証されたものではありません。すべての人々と生命が必要とする水について議論する国際会議は、国連を中心とした民主的な運営と多様な人々が集まる場でなされるべきです。戦略ミーティングに集まったNGOたちは「この世界水フォーラムを今の形で開催される最後のフォーラムにしよう。そして、国連を中心とした民主的な方法で水問題を考えていこう」と主張しています。
posted by AMnet at 04:07| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブールより(4) 「持続的に入手可能な水と衛生サービス」

WWF session on finance

世界水フォーラムのセッションの様子を紹介します。

3月19日(木)11:00-13:00

5.2.2. 「持続的に入手可能な水と衛生サービス:料金と他の施策の役割」(Affordable and sustainable water and sanitation services: The role of tariffs and other instruments)

主催:OECD(経済協力開発国機構)、スエズ・エンバイロメント(フランスの水道事業会社)、IWA(国際水機構)

このセッションは財政・社会・経済・環境という様々な目的を持つ政策を実現するためにどのような実践的な解決策があるかを議論する、と主催者が発表しましたが、実際にはOECDおよびスエズ・エンバイロメントが自らの立場を正当化するためのセッションであったに過ぎないという印象を受けました。

スエズ・エンバイロメントは発展途上国での水道事業を請け負い、巨額の利益を上げている会社です。その会社が主催するセッションで、発展途上国の水道事業会社のディレクターである人物が、いかに自国での官民連携(PPPs)が成功し人々に水を供給できているかを話せば、その意図は明らかであると言わざるを得ません。「水需要が増加するなかで人々に料金を支払う意志を持たせるためには、多様な料金設定が必要である」と説く一方で、「公共水道の立て直しのために民間資金の呼び込みを積極的に進める必要がある。確かに官民連携は料金を値上げするかもしれないが、それは運転管理や配水ネットワークを拡大するために必要なのだ」という発言もなされました。

会場からは「発展途上国の女性は水政策から排除されている」というコメントがありましたが、それに対して主催者側はまともに取り上げようとはしませんでした。

(AH)
posted by AMnet at 03:41| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

イスタンブールより(3) 「もう一つの水フォーラム2009」

もう一つの水フォーラム2009

日時:3月20日(金)〜22日(日)
場所:Bilgi University Santralistanbul Campus


もう一つの水の管理は可能だ!
 我々は3日間で多様な参加者の間で議論を行なう。すなわち、ラテンアメリカ、アフリカ、アジアそしてヨーロッパの闘争を主導した人々、水に関する研究を行なう研究者、そして水は人権であると考える政治家たちである。
 第5回世界水フォーラムは世界の水の政治について議論するためにイスタンブールに集まっている。フォーラムでは国家機構と私企業が牛耳っており、彼らは「水」問題を生み出した張本人あるのにも関わらず、問題の「解決策」を探そうとしている。フォーラムの最重要課題の一つが、水源を明け渡し、ダム・用水路などに投資を行なって私営化の過程を歩むことである。
 我々は、水が世界中すべての人々に共通の共有財産であると考える。誰であれ、水を自分の所有物とすることはできない。
 水源の利用と管理は長期にわたる持続可能な計画でなされなければならないし、社会的公平性や生態的・環境的制約も守らなければならない。水に関する意思決定は社会の大多数によって民主的な方法でなされなければならない。コミュニティーと人々は地域レベルや地方レベルにおいてその過程に能動的に参加できなければならない。

オープニング・ミーティング「トルコおよび世界の水政治」
3月21日(土)10:00〜12:30

スピーカー:
 モード・バーロウ(国連総会議長水問題アドバイザー、カナダ)
 ジョナサン・ニール(気候変動に反対するキャンペーン、イギリス)
 エミリオ・モリナリ(World Water Contract、イタリア)
 イカル・アンゲライ(Friends of Lake Turkana、ケニア)
 ヂレン・オズカン(Keep Hasankeyf Alive Initiative、トルコ)
 ウフク・ウラシュ(イスタンブール市議会議員、トルコ)
 ビットリオ・アノレット(ヨーロッパ議会議員、イタリア)
 イルマス・ユルダクル(Council of Protect Munzur、トルコ)
 アキン・ビルダル(Candidate for Istanbul Metropolitan Municipality)
 ハビエル・ボガンテス(Latin American Water Tribunal、コスタリカ)
 クラウディア・カンペロ(COMDA、メキシコ世界水フォーラム対抗運動のオーガナイザー、メキシコ)

(AH)
posted by AMnet at 00:00| 世界水フォーラム2009/2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする